So-net無料ブログ作成
検索選択

父のこと [父のこと(脳卒中の後遺症・高次脳機能障害)]

皆さま、こんばんは[わーい(嬉しい顔)]

暑い日が続きます[晴れ]
今日は、土用の丑の日。 ~~~~:)  うなぎ(笑)
うなぎは召されましたか?

うなぎを食べた人は全体の46%ということですが、
では、54%、半数以上の人が、
うなぎは食べなかったということですね。
私もそのうちのひとりです。^^;

だって高過ぎる・・・[たらーっ(汗)](笑)

うなぎは冬が旬だそうで、
冬に値下がりしたときに、
夏の分まで食べます(笑)


で、今日は、父のこと。

前回の記事に、
たくさんのナイスをありがとうございます。
ほんとうに・・・
感謝しています。

一度にはムリかもしれませんが、
皆さまのブログを訪問させていただきます。
今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

で、
またしても、父のことなんですが、
ちょっと書いておきたいので・・・
すみません[あせあせ(飛び散る汗)]



息を引き取る4日前に記したノートから~~~~~


「今夜かもしれない」
当直のナースにそう言われた。

人にはいろんな感情があって、
一概に、ただ「悲しい」とは言い難い。

父を失うことは、もちろん悲しい。
とてもとても悲しい。

でも・・・


倒れてから今日までのことを考える・・・

リハビリ病院でリハビリをした後、
リハビリというものに理解のない母と弟に
実家で半年間、寝かされっぱなしにされる。

せっかく半年間がんばったリハビリの成果は、
その間に、
すっかり失われてしまった。
いや、もっとひどい状態になってしまった。

その後、やっと施設に入り、
またリハビリに励む。

度々 肺炎を起こしては寝込み、
せっかく得た機能がまた失われてしまう。
あの年齢だし、麻痺もキツいことから、
次はゼロからの出発ではなくて、
かなりのマイナスから出発することになる。

それを何度も繰り返し、
見守るほうが悲しくなるくらい
前を向いて努力した。
努力し続けた。

父のようになってしまったら、
前を向くだけでも大変なことだと思う。

でも、ついに昨年の夏、
敗血症性ショックで入院。
3日ももたないと言われた。

なんとか持ち直したものの、
寝込んだ3か月間で、
とうとう車椅子に移乗することも困難になってしまい、
かろうじて少しは動いていた右手の機能もほぼ失ってしまう。


動けない父は、
療養病棟に移されてしまう。
ここは、死を待つ人々の居場所だった。
現在の医療体制では、そう決められている。
でも、父以外は、
ほとんどが意識のない人たちだった。

人が物のよう。
そこで、父は、また寝るだけの日々を送ることになる・・・

時間が来ると機械的に
体位変換をされるだけ。
あっという間にジョクソウ(床ずれ)ができた。

ジョクソウは体を蝕み、
ジョクソウ周辺は、細胞が壊死してしまう。

私は必死の思いで駆け回ってやっと、
今の病院に救い出してもらうことが出来た。

この病院では、
いくら敗血症で先が短くても、
人らしい毎日を送らせてもらえる。

とりあえず、車椅子に移乗してもらったり、
TVを見せてもらったりすることができた。

得意の毛筆の練習もし始めた。

父の希望で、ふくちんにも何度か会うことができた。

人として生きることが出来た、と思う。

ほっとした・・・


敗血症とは、細菌感染症が全身に波及したもので、
父は、ショック症状から一命はとりとめたものの、
全身性の炎症と、多機能不全(各内臓の炎症)に陥っていた。

この春から、
車椅子移乗もままらなぬほど、
しんどそうで、しんどそうで、
苦しんで、苦しんで、
ただただそれを耐え続けた。

そして、少しでも手足を動かそうと努力し続けた。

普通なら、身がよじれるほどの苦しさだというのに。

それが「今夜かもしれない」という。


父が逝ってしまうのは、ストレートに悲しい。
その存在だけで、
当然としての支えになっているのが親ではないか。
父がいなくなることが、
私の土台を揺るがすことは明白だ。

おまけに母と弟。
葬儀などのことで、コンタクトをとらなければならない。
こんなストレスフルなことは他にないほどに、
考えただけで震えがくる。
めまいがする。
倒れそうになる。


でも、通り抜けないわけにはいかぬ。
火の輪をくぐり抜けるがごとく、
怒涛のように一気に片をつけてやる。
あえぐのは一瞬でいい。
私は父のように強くない。


父は、最後の最後まで、
ねをあげず、
努力の人だった。
立派だったと、心から思う。

動けないのに、
しゃべれないのに、
カッコ良すぎるじゃん・・・


苦しみから、もう解放されてもいいんじゃないか。
不自由な肉体から解き放ってあげたい。

・・・と、
父の最期のこん身の努力を蹴っとばすようなことを
この娘は思う。

「また君はそういう言い方をする。
 そういう言い方をすると身も蓋もないじゃないか」
子どものころ、
私が感情的になると、そう言ってた父。


おとうさん、ありがとう。
あなたの生き様は、私たちの脳裏に焼きついています。
きっと、きっと忘れないよ。

『懸命に努力して生きること』が生きること。

「人生の何を良しとするか?」
父がリハビリ病院で書いていた言葉。

コレに対する父の答えは、
『懸命に努力して生きること』が生きること、だったのだろう。

有限実行。
体現してみせた。

わかったよ、がんばるよ。
見ててよね。
今まで可愛がってたペット達と一緒に、
虹の橋の向こうから!

そして、
32才の若さで逝ったおかあさんが、
きっと迎えに来てくれるよ。


「どうちたの?」
と、のぞき込むふくちんに
「おじいちゃんがね、死んじゃうの」 と話したら、
涙がとまらなくなってしまった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



そして、この後、
病院で 「伝説に残る」 と言われるほど、
がんばり続けた父です。



あー[exclamation×2]
あまりに長くなり過ぎて・・・[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

書きたかったおまけの話が、
書けなくなってしまいました[ふらふら]

父とふくちんの最後の面会の話です。

それは、また次回に・・・。


なっが~い話、
最後までお読みくださって、
ほんとうにありがとうございました m(_ _)m








nice!(49)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 49

コメント 38

ルディパパ

あ~、涙が止まりません~!(T_T)
お父様は幸せです。こんなに想ってもらえて・・・。

大変でしたが無理をなさらないでくださいね~。
by ルディパパ (2016-07-31 02:11) 

向日葵

お父様もまりりんさんご自身も、本当に良く頑張りました!!
お父様を見送られて、悲しいけれど
「これでようやくお父様も楽になった。」
と思いたい。

そう仰るまりりんさんのお気持ち、痛い程わかります。
うちでも、期間はずっと短かったですが、父が突然の
小脳出血で倒れ、約1年半、身体中チューブに繋がれたまま、
ただただ寝たきりの日々を送りました。

本当に腹が立つ事この上ないですが、今の日本の医療体制は
何かがおかしくて、寝かされ切りになって、これ以上の改善が
望めなくなると「3ヶ月以内に転院しないとなりません。」

「始めから改善が臨めない」となると当然入院を受け入れてくれる
病院などなくなってしまいます。
かと言って全身チューブだらけの人を一般家庭で看るなんて!
誰が考え付くでしょう!!

「転院できないのならご自宅で看て下さい。」
と半強制的に退院させられるところまで来ていました。
たまたま昔からお付き合いのあった医師が、現場に居て下さり、
その方のご尽力で「あともう少し」と繰り返しお願いしながら
約1年強、お世話になっていました。

家族としては病院にお見舞いに行くだけでも心身とも
限界に来ている時に、病院側はそんな冷たい非人間的な
事を行って来るのですね。

仮に「寝かせきり」でも「置いてやっているだけまだまし」
と言うのが日本の病院医療の現実のようです。

父が亡くなったのは、もう25年も前になりますが、
患者としての扱われ方は大分「人間扱い」してくれるように
なりましたが、根本的なところでは何も変わっていないと
憤懣やるかたなく悲しく思います。

お父様のように長くは無かったですが、「1年半」と言う
会話も出来ない、「ただ看ているだけ」の日々が終わった時、
やはりワタクシ達も、
「これでやっと父も楽になれた。。」
とー。

長々とごめんなさい。
こんないきさつがあったので、まりりんさんのお父様との事は
とても他人ごととは思えず、毎回、胸の痛みを覚えながら
拝読していました。

「後の事」も、どうか頑張って下さい。
家族が「一致団結出来ない」のはとてもお辛いと思いますがー。
何事も「お父様の為」と。。
今までもそうやって割り切られて来たのだと思いますが。。

by 向日葵 (2016-07-31 04:51) 

ぽちの輔

ウナギの骨が刺さってから、食べなくなりました^^;
by ぽちの輔 (2016-07-31 05:38) 

mimimomo

おはようございます^^
ご立派なお父様ですね。わたくしも自身の父のこと思い出します。この歳に至るまで、やはり一番尊敬できる人かな~と父のこと思いますよ。
きっとまりりんさんも同じ?^^ 
ご冥福をお祈りいたします。
まりりんさんもお疲れが出ませんように、お大事に。
by mimimomo (2016-07-31 05:40) 

ゲンママ

ビックリしました。。(前回の記事に気づかずにいたものですから。。)
お父様の生き様は本当にご立派でしたね。。
私の母も最後の2年間は意識なく胃瘻してました。
でも生きていてくれるだけで心の支え。。それが親ですよね。。
ご冥福をお祈り致します。
まりりんさん、ご無理されませんように。
by ゲンママ (2016-07-31 07:26) 

ナビパ

驚き隠せません。。。学校の先輩として人生の大先輩として頑張りを見習わせていただきます。
ご冥福をお祈り申し上げます。
まりりんさんもお疲れかと思います。
ご自愛ください。
by ナビパ (2016-07-31 08:39) 

みぃにゃん

お父様大変ですね。色々絶望的な事があるかと思いますがいまの状態でどう人間らしく生活していくかが大切だと思います。
by みぃにゃん (2016-07-31 08:41) 

mamii

お父様、大変でしたね、生き様が本当に立派です。ご冥福を祈りいたします。
まりりんさんもお疲れのことと存じますが無理なさらずにお過ごしください。
by mamii (2016-07-31 10:21) 

てんてん

ご冥福をお祈りいたします。
立派なお父様ですね
まりりんさんご無理なさらないでくださいね
by てんてん (2016-07-31 11:26) 

ゆきち

意志の強いまっすぐなお父様。
最後までご自身の生き様を貫かれたのですね。
今は体の痛みから解放されて穏やかに見守っていらっしゃることでしょう。
暑い季節です。まりりんさんもどうぞご自愛ください。
by ゆきち (2016-07-31 13:34) 

よーちゃん

うまく言えないのですが、
最後まで真っ直ぐに生き抜いた姿に拍手を送りたいです。。。
by よーちゃん (2016-07-31 13:36) 

taekozue

お父様のこと、お辛いですね。
私の父は、私が中学生のころ、
癌ででこの世を去りました。
本当に大好きな父だったので、その時は
枯れる程の涙を流したことを今も覚えています。
そして数年前、私も敗血症で入院したことがあります。
あと一日遅れていたら命はなかったと言われました。
そんな事もあり、今年で父が亡くなってから31年になりますが、
今でも、ずっと父は見守っていてくれるのだと信じています。

きっとまりりんさんのお父様も、これから先、
まりりんさんを見守ってくれることでしょう。
今は辛くてきっとそんな風に思えなくても、
時間がまた心を癒してくれるのだと思います。
だから今はせめて・・・御自分のこと、どうぞご自愛くださいね。



by taekozue (2016-07-31 13:43) 

makkun

私の父も脳軟化症で倒れ長年病院生活でした・・・
褥瘡なると死を待つだけと言われたので
病院に寝泊まり出来るお手伝いさんを頼みましたが
残念ながら1975.8.7(87歳)で他界しました。
今度の日曜日が命日です。
まりりんさんの記事に涙しか出ません・・・
本当に本当にご苦労様・・・
お疲れ様でした~
ふくちんと一緒にまりりんさんも
ハグをしたい心境です。
by makkun (2016-07-31 15:06) 

いっぷく

コメントありがとうございました。
我が家もうなぎは高すぎて手が出ません。
冬でさえなかなか食卓にはあがりませんね。
by いっぷく (2016-07-31 15:39) 

asukamama

頑張り屋のお父様が、ご自分の生き方を全うできたのは
まりりんさんやお孫さん、ふくちんの支えがあったからなのでしょうね。
まりりんさん、どうぞ今はあまり頑張り過ぎませんようご自愛ください。
心よりお悔やみ申し上げます。
by asukamama (2016-07-31 17:20) 

saia

涙が止まりません。。。

by saia (2016-07-31 22:52) 

よしころん

「人生の何を良しとするか?」深い言葉です。
途中から涙が止まりませんでした。
お父様、心も体も楽になっていつもまりりんさんのおそばで見守ってくださっていると思います。
まりりんさんもご自愛くださいませ。
by よしころん (2016-08-01 09:19) 

ゆるり

「人生の何を良しとするか?」
私は、喜び・悲しみ・怒り・全部ひっくるめて、最期に「生まれてきて
良かった!」と思えたらいいかな・・・
頑張り過ぎて、体を壊さないようになさって下さい。
でも、頑張ってネ!
by ゆるり (2016-08-01 21:47) 

まるたろう

まりりんさんのお父様が書かれた「人生の何を良しとするか?」、
とても重い言葉ですね。
自分もこの意味、自分なりにいろいろ考えていきたいと思います。

改めまして、お父様のご冥福をお祈り申し上げます。
まりりんさんも、ご自愛下さいね。
by まるたろう (2016-08-01 23:46) 

まりりん

ルディパパさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
父のことで、泣いてくださって、
ほんとうにありがたいと思います。
私にまでお気遣いくださり、感謝します。

by まりりん (2016-08-02 23:35) 

まりりん

向日葵さま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
お父様のこと、書いてくださって感謝します。
向日葵さまも大変だったのですね。
お見舞いに行くだけで、心身ともに疲弊してしまうこと、
とてもよく分かります。
それなのに、医療体制は冷たいですね。
家に連れて帰れ・・・ですか・・・!
あぁ、お父様自身も、どんなにお辛かったことか・・・。
お知り合いの医師がおられて良かったですね。
向日葵さまのお父様の御冥福をお祈りいたします。
ありがとうございました。
by まりりん (2016-08-02 23:40) 

まりりん

ぽちの輔さま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
笑っちゃいました~( ´艸`)
父も、魚の骨が喉に刺さって、
何度か耳鼻科に行ってました。
大笑いしたことを思い出します(´ー`*)
by まりりん (2016-08-02 23:42) 

まりりん

mimimomoさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
mimimomoさまのお父様、立派な方だったのですね。
尊敬されているとのこと、
お父様も喜んでおられることでしょう。
私は、父の、最期までがんばり続ける姿勢に打たれました。
まだ、思考として結晶化していませんが、
きっと、そのうち、私の心の中に父の姿が刻まれるのでしょう。
お気遣い、ありがとうございます。
感謝しています。


by まりりん (2016-08-02 23:46) 

まりりん

ゲンママさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ゲンママさまのお母様も胃瘻されていたのですね。
意識のないお姿を見舞うのはお辛かったでしょう。
父のように、動けなくても意識がしっかりしている場合も、
見舞うのは辛かったですが・・・
でも同じですね。
お母様の御冥福をお祈りいたします。
あたたかいお気遣い、ありがとうございます。
by まりりん (2016-08-02 23:49) 

まりりん

ナビパさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
鶴工の後輩でいらっしゃるナビパさま、
父が元気ならばナミちゃんビビちゃんにきっと会いに行くでしょう。
無類の犬好き(猫好き)でしたもの。
鶴工の『がんばりの精神』を最後の最後まで貫いて逝きました。
私も『がんばりの精神』、見習いたいと思います。
私のとっても鶴工は、やはり特別です。
by まりりん (2016-08-02 23:53) 

まりりん

みぃにゃんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
お気遣い、ありがとうございます。
父はもう身罷りました。
これは死の4日前に、
私がノートに記していたものです。
ありがとうございます。
by まりりん (2016-08-02 23:55) 

まりりん

mamiiさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
そして、あたたかいお言葉をありがとうございます。
私はmamiiさまも尊敬しています。
酷暑が続きます。
mamiiさまも、御自愛くださいませね。
ほんとうにありがとうございました。
by まりりん (2016-08-02 23:57) 

まりりん

てんてんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
そして、あたたかいお気遣いをいただいてありがとうございます。
ゆっくり自分の体調をみながら、
残った後片付けを ボチボチやっていくつもりです。
ありがとうございます。
by まりりん (2016-08-02 23:59) 

まりりん

ゆきちさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
全身麻痺で声も発せず、食べることも出来ない体内に閉じ込められて、
ほんとうによくがんばったと思います。
今は・・・ゆきちさまの仰るとおり、
ほんとに、晴れて自由になれました。
ラクになったことと思います。
お気遣いいただいて感謝します。
by まりりん (2016-08-03 00:01) 

まりりん

よーちゃんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
拍手を思っていただいてありがとうございます。
何よりの供養になります。
ありがとうございます。
味噌味の焼き鳥、食べてみたいです。
by まりりん (2016-08-03 00:05) 

まりりん

taekozueさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
中学生のころなら、それはお辛かったでしょう。
私なんて、ええ年したオバチャンですもの。
この喪失感を、なんとか、乗り越えなければいけませんね。
身内がなくなると、深いボディブローのように、
後から後から響いてくるものですね。
覚悟しながら日々を過ごしております。
taekozueさまのお父様、
taekozueさまを見守ってらっしゃると思います。
我が子のことが一番心配ですものね。
私の父も、そうなのでしょうね・・・。
孫たちのことも、ふくちんのことも心配で、
とても忙しいかもしれません。
私にまでお気遣いいただいて、ありがとうございました。

by まりりん (2016-08-03 00:13) 

まりりん

makkunさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
makkunさまのお父様も、大変な目にあわれたのですね。
父の褥瘡は、背骨まで見えていたということです。
激痛だったと、思います。
褥瘡からは摂取した栄養が流れ出てしまうし、
細菌感染の可能性も大きくなります。
エアハグしてくださってありがとうございます。
あたたかい気持ちになれました。

by まりりん (2016-08-03 00:17) 

まりりん

いっぷくさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
平賀源内が生み出したセールス行事ですから、
慣習として楽しむ程度の義務でしょうかしら。
お寿司のネタくらいでも私は充分です。
by まりりん (2016-08-03 00:19) 

まりりん

asukamamaさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
>頑張り屋のお父様が、ご自分の生き方を全うできたのは、まりりんさんやお孫さん、ふくちんの支えがあったからなのでしょうね
ありがとうございます。
ちょっと救われました。
何も力になれなかったと思っていました。
ありがとうございます。
by まりりん (2016-08-03 00:20) 

まりりん

saiaさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
泣かせてしまってごめんなさいね。
でも涙も供養だと思っています。
父のために泣いてくださってありがとうございます。
父もびっくりして、とても感謝することと思います。
saiaさま、大好きな伯母様にもたくさん供養されましたね。
by まりりん (2016-08-03 00:23) 

まりりん

よしころんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
そうですよね。
父は今、身も心もラクになっていることと思います。
御気使いくださって、
父のために泣いてくださって、
重ねて御礼を申し上げます。
ありがとうございます。
by まりりん (2016-08-03 00:25) 

まりりん

ゆるりさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
私も若い頃は、
全部ひっくるめて最期に「生まれてきて良かった!」と思えたらいいと思っていました。
ただ、最近、ちょっと考え方が変わりました。
思っていた以上に、多くの人が苦痛の中で逝くのを目の当たりにしてきたので・・・。
それまでの人生にいろんな形の満足を感じられる瞬間があったなら、
もうそれで充分と・・・
私は、だからもう充分と思っています。
御気使いいただいて、ほんとうに感謝しています。
ありがとうございました。
そう思うようになりました。
by まりりん (2016-08-03 00:31) 

まりりん

まるたろうさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
「人生の何を良しとするか?」
父自身の答えを、体現して見せたのでしょうね。
人に伝える方法を持ち得なかったし、
生き様として伝えるしかなかったのだと思います。
私は子ども達に恵まれ、
ふくちんもかわいくて、
それで、もう、すべて良しとします。
父みたいな離れ業は私には出来ません。^^
まるたろうさまのあたたかい御気遣い、
心から感謝します。
by まりりん (2016-08-03 00:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。