So-net無料ブログ作成
検索選択

父のこと~愛犬との最後の面会 [我が家のわんこ(愛犬物語)]

皆さま、こんばんは[るんるん]

前回の記事に、たくさんのナイスと、
そして、
父の喪に対し、
胸に沁みるあたたかいコメントをたくさんいただいて、
ほんとうにありがとうございます。

心から御礼申し上げます。


何度もコメントを読み、
何度も泣いてしまいました。

ほんとうに、
ほんとうに、ありがとうございました。




今日は、また日付が変わってしまいましたが、
(書いたものが、途中で全部 消滅するというアクシデント付きの記事です[がく~(落胆した顔)]



父とふくちんの最後の面会について、
書かせていただきます[るんるん]


さすがに写真を撮る余裕はありませんでしたので、
写真はないのですが・・・[たらーっ(汗)]


父は、重篤状態が長く続いていました。


激痛と、苦しさの中、
見守る私たちも とても辛くて、
看護師さんたちも「辛すぎる」と言われていました・・・


たくさんのお見送りを経験されてきた看護師さんたちに
こんなことを言わせる父の臨終って、
何なんだ[exclamation]
と思いました。


東京の息子A(父の孫)も東京神戸間を行き来し、
私は、携帯を持ったまま、
夜もほとんど眠ることが出来ず、
仕事も長々と休みました。

主治医も、連休返上で、
父に付き添ってくださいました。
非番の看護師さんまで、
父の様子をわざわざ見に来てくださっていました。

ほんとうに、信じがたいほど、有り難いことです。
父は皆に見守られていました。



重篤な状況が続く中、婦長さんがおっしゃいました。

「お父さん、ふくちゃんに会いたいのかもしれません。
 心残りは、ふくちゃんかも。
 明日、ふくちゃんを連れてきてあげて」


それを聞いて、
父のベッドサイドに娘を残し、
息子Aと私、すぐにふくちんを連れに家に帰りました。



だって、明日じゃ間に合わないかもしれない[あせあせ(飛び散る汗)] って思ったから。


大急ぎで、ふくちんをシャンプーしました。
ふくちんは ふわふわの真っ白なわんこに・・・[黒ハート]


そして、
すぐさま、病院に引き返しました。


婦長さんは、ふくちんを、
なんと、
父ひとりだけのICUに入れてくださったのです[exclamation]

ICUの扉を閉め切って、
父は、ふくちんと会うことができました。


ふくちんは、
父の異変に気がついて、
極度に緊張し、
目に涙をいっぱいためて、
(緊張すると涙が出る)
はぁはぁしながら、
父の体の上を歩き回りました。

目を閉じたままの父の顔をペロッと舐めました。


私は、動かない父の手をとり、
ふくちんを撫でさせてあげました。

父は、ふわふわのふくちんにさわることができました。



長い時間、
ICUに犬を入れていただくのにも気が引けて、
私たちは、ふくちんを連れて家に帰りました。

家に着いたとたん、
携帯が鳴りました。



父は息を引き取りました。


目には涙が浮かんでいました。

私は、そうっと父の涙を拭き取りました。


『父が息を引き取るときに涙した』 という事実が、
私には、
とてもとても、
とてもとても、辛かったです。


普通なら、身をよじるほどの苦しみに耐え続け、
父は逝きました。


壮絶で、立派な大往生でした。



私は、父のようなことはできません。
あかんたれですから、ムリです。
断言できます・・・。



看護師さんが、
胸の上に組んだ父の手に、
父が創部した鶴工野球部のキーホルダーを握らせてくれました。

初代キャプテン、初代ピッチャー、初代3番バッターでしたから。

高校、大学時代に野球をしていましたが、
父は母校の鶴工を愛してやみませんでした。




息を引き取るときに
父が涙したことが、
私は非常につらかったのですが・・・


ただね、
棺の中に入った父は
微笑んでいたのですよ。
死に顔って変わるものなのですね。
知りませんでした。




棺の中は、菊ではなく、
父が好きだったカーネーションで飾りました。
カサブランカとバラも添えて。

足元には、ふくちんの写真を引き伸ばして入れました。

とっても華やかでした。




私は、父のために、
たいしたことはできませんでしたが、
最後の病院を見つけて頼み込んだことと、
最後に、ふくちんを会わせてあげられたこと、
鶴工野球部のOBの方々をコンタクトを取らせていただいたこと・・・
これだけは、自負できると思っています。


ICUに、ふくちんを入れてくれる病院なんて
他にありませんものね。

ほんとに有り難い病院でした。


鶴工野球部OB会の方々は、
この1月に、
わざわざ横浜から、お見舞いに駆けつけてくださいました。

もちろん、父は泣いて喜びました。


そして、父の代の、初代ユニフォームを作って、
父に着てもらう と。
夏のマスターズの大会において、
父を選手登録して、
ユニフォーム姿で 甲子園のベンチに入ってもらう、
担いででもお連れします と言ってくださいました。



父は、どんなに嬉しかったことでしょう。



周りの方々に支えられて、
父はもちろん、
私も、ここまで来ることができました。


この拙いブログを読んでくださって、
励ましのあたたかい言葉をかけてくださる方々にも
心から御礼を申し上げます。

何度、お礼を言っても足りないくらいです。



人は誰かを支えています。
必ず。





最後までお読みくださって
ほんとうにありがとうございました。m(_ _)m





nice!(55)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 55

コメント 32

(。・_・。)2k

壮絶な最後ですが
多くの方に愛されて亡くなられたのが何よりです
心よりお悔やみ申し上げます

by (。・_・。)2k (2016-08-03 03:47) 

yumi

つらいですね。
父も7月29日の猛暑の中、亡くなったので、
思い出してね。
ゆっくり、お父様を偲んであげて下さい。
お身体、気をつけてね。
by yumi (2016-08-03 04:33) 

ぽちの輔

とても辛くて悲しい出来事でしたが
これでお父様も楽になられたという事で^^;
by ぽちの輔 (2016-08-03 06:17) 

mimimomo

おはようございます^^
まりりんさんは立派ですよ。別れは非常につらいものです。
しかし人と生まれたからにはいずれこの別れが来ますものね。わたくしは
東京に住まって、父は福岡でしたから全然死に目にも会えていないし、看病することもなかったです。親不孝者です。
by mimimomo (2016-08-03 06:32) 

ナビパ

最後の最後まで頑張られたお父さんは本当に立派な方だと思います。
フクちゃんとも会えて満足して旅立たれたのではないでしょうか
お悔やみを申し上げます。
by ナビパ (2016-08-03 06:41) 

kazumin

やってあげたいことを、すべてやってお見送り出来て良かったですね!
きっとお父様も喜んでますよ!
読んで半分羨ましかった!
私の父は、私が中学生の時、突然亡くなり、やってあげれたのは遺影の写真選びくらいです!
by kazumin (2016-08-03 07:41) 

みぃにゃん

お父様多くの方から愛されて幸せな人生だったのですね。
そして最後にふくちんちゃんを連れてきてあげてとおっしゃってくださった婦長さんにも感謝ですね。素晴しいお父様ですね。
by みぃにゃん (2016-08-03 14:53) 

ゲンママ

ふくちゃんをICUに、なんと素晴らしい婦長さん、病院なんでしょう!!
お父様、お幸せだったと思います。
ふくちゃん、お父様のお顔にペロしてお別れしたんですね。。
私がお父様の立場だったら最愛の愛犬にそうされたらどんなに幸せでしょう。
by ゲンママ (2016-08-03 19:44) 

ルディパパ

お父様とふくちんの面会、本当に良かった!
病院も素晴らしいです!
こういう記事もどこか明るく書かれていて一気に読みました。

心よりお悔やみ申し上げます。
by ルディパパ (2016-08-03 21:47) 

saia

まりりんさんのお父さまの最期の涙は、辛くて出た涙ではなく、いろいろな人いろいろなことを思い出して嬉しくて出た涙ではないでしょうか。
私はそう信じたいと思います。。。

by saia (2016-08-04 00:29) 

向日葵

ふくちんがICUに!!
お父様も内心、さぞお喜びだったことと思います。

最後の涙。。
ワタクシも「辛い涙」ではなく、もの言えぬお父様からの
「ありがとう」のメッセージだったのでは?
by 向日葵 (2016-08-04 03:46) 

makkun

まりりんさんのお父さんへの思いと
ふくちんのICU入りにも感動致しました。
お父さんは間違いなく喜んで旅たちしたと思いますよ~
最後までお父さんを取り巻いてくれた方達に感謝と
まりりんさんご家族も安心しての見送りになったのでは
無いでしょうか・・・
by makkun (2016-08-04 16:12) 

okko

ナイスは押せませんでした。

ICUにフクちゃんを・・・ステキな裁断を下された病院に拍手です。
安らかに逝かれたことで、これまでのお苦しみや痛みも消えてしまったでしょう。

心から、ご冥福をお祈り致します。
by okko (2016-08-04 16:26) 

ゆきち

お父様のまっすぐなお気持ちが病院のみなさん全員に通じていたのですね。
最後にふくちんに会えて本当によかった。
みなさんおっしゃるように、お父様の涙、まりりんさん、ふくちんはもちろん、みなさんへの感謝のお気持ちだったのだと思いますよ。
ウチの父も真夏に亡くなりました。
暑い盛り、まりりんさんもどうぞご自愛くださいませ。
by ゆきち (2016-08-04 16:55) 

まりりん

2Kさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
御気遣い、重ねてありがとうございます。
>多くの方に愛されて・・・
そのお言葉、
ほんとうに嬉しいです。
がんばり続けた父を、周囲の皆さまが祝福してくれたということですものね。
ありがとうございます。
by まりりん (2016-08-05 01:07) 

まりりん

yumiさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
yumiさまのお父様も夏にお亡くなりになったのですね。
これからは、セミの声に青い空を見上げると、
きっと父の最期を思い出すのだろうと思います。
あたたかいお言葉、ありがとうございます。
by まりりん (2016-08-05 01:09) 

まりりん

ぽちの輔さま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
父は長い間、苦しみましたが、
その間に私たちが覚悟することができました。
ほんと、やっと激痛の重い肉体から開放されたのですから、
確かに、私もちょっとホッとする気持ちがあります♪
by まりりん (2016-08-05 01:11) 

まりりん

mimimomoさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
立派だなんて、ありがとうございます。
私は息子が関東に出て行ったときも、
海外に行くといったときも、
死に目(私の)に会えないなぁと思ったものです。
でも、考えようによっては、同じ家に住んでいても、死に目に会えるとも限りません。
そう思うことにしています。
mimimomoさま、お父様を思われるお気持ちこそが、
もう親不孝なんかではないですよ。
お優しいmimimomoさまのお気持ちはお父様が一番よく分かっておられます。きっと。

by まりりん (2016-08-05 01:16) 

まりりん

ナビパさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
『頑張りの精神』、ほんのかけらでも見習いたいと思います。
うらやましいような学校ですね、鶴工。
ナビパさまにもご縁を感じます。
私、野球部OB会の方々に会いに行きたいと思っています。
父の代わりにお礼が言いたいのです。
by まりりん (2016-08-05 01:19) 

まりりん

kazuminさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
いたいけない少女時代にお父様を亡くされて、
悲しみはいかほどのものだったでしょう。
私自身の子ども達を見ておりますと、
親の私としては、すべて含めて愛しい存在で、
その存在が私の支えであり、幸せのオオモトです。
kazuminさまのお父様も、きっと同じだったと思います。
そして心残りはkazuminさまだったと思いますよ。
by まりりん (2016-08-05 01:24) 

まりりん

みぃにゃんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ほんとうに、ICUにわんこを入れてくださるなんて、
考えもしませんでした。
素晴らしい、有り難い病院でした。
婦長さんが素晴らしい方です。
父の最期は幸運だったと思います。
by まりりん (2016-08-05 01:26) 

まりりん

ゲンママさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
そうなんですよ。
ふくちんのペロと、ふわふわの毛が、
父の旅立ちに花を添えたと思います。
今となっては、
もっと会わせてあげたかったですけどね・・・。
by まりりん (2016-08-05 01:28) 

まりりん

ルディパパさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
長く苦しむ父を見ていて、
私も覚悟することができました。
父には感謝しています。
そういう形のお別れだったのだと思います。^^
by まりりん (2016-08-05 01:30) 

まりりん

saiaさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
そして、優しいお言葉をありがとうございます。
私は、体力気力ともにまだまだ頑張りたかった父の、
無念の涙だと思っていました。
まだまだ、やりたいことがたくさんあったと思います。
でも、saiaさまのお言葉、深く心に留め置きます。
ありがとうございます。
by まりりん (2016-08-05 01:33) 

まりりん

向日葵さま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
私も、まさか、ふくちんがICUで父と面会できるなんて
考えてもみませんでした。
父はとても嬉しかったと思います。
気持ちの上で、ひと区切りついたから、息を引き取ったのでしょう。
それほどふくちんを愛していたのです。
我が家のわんこですが、
なんだか父の形見のような気がしてしまいます。
by まりりん (2016-08-05 01:36) 

まりりん

makkunさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ふくちんと会えた父は、やっぱり、とても嬉しかったでしょうね。
周囲の人たちに見守られた、あたたかい見送りでした。
私はちょっとうらやましかったです。
だって、私の最期はどうなるか分かりませんもの。
父を最期までみることができて、
私も幸せなんだろうと思います。
by まりりん (2016-08-05 01:40) 

まりりん

okkoさま

ご訪問とコメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
御気遣いくださった優しいお言葉、
胸に染み入ります。
父は、やっと自分の肉体から自由になれました。
ほんとうにありがとうございました。
by まりりん (2016-08-05 01:42) 

まりりん

ゆきちさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ふくちんをICUに入れてくださるなんて、
ほんとう驚き、感激しました。
それで、父は安らかに息を引き取ることができたのだと思います。
ゆきちさまも夏にお父様を亡くされたのですね。
青い空とセミしぐれ、
これからは父の最期の思い出になることと思います。
ゆきちさまも、そうなんですね・・・。
父は、青空の向こうで、
きっと笑ってくれていると思います。
by まりりん (2016-08-05 01:46) 

うっちゃん

お父様はふくちんに会うことができて本当によかったですね。
まりりんさんのような娘さんに看病されて、お父様も幸せだったと思います。
どうかお体を大事になさってください。
ご冥福をお祈り申し上げます。

by うっちゃん (2016-08-05 10:10) 

よしころん

病院の婦長さんのお心遣い、なんて素晴らしい病院なのでしょう。
よい病院に看取っていただけてお父様も心穏やかに旅立たれたのではと思います。
まりりんさん、体調は大丈夫ですか。
疲れがドッ!と出てくる時期かもしれません。
栄養と睡眠たっぷりと^^
by よしころん (2016-08-06 07:01) 

まりりん

うっちゃんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ほんとに・・・♪
最期の最後に、父はふくちんに会うことができて満足だったと思います。
私の予想をはるかに超えて、
父はふくちんを愛してたのです。
御気遣い、ほんとうにありがとうございます。
心身ともに気をつけます。
by まりりん (2016-08-07 00:28) 

まりりん

よしころんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ほんとうに良い病院に出会うことができて、
いくら感謝してもし足りないくらいに思っています。
近々、またお礼に伺うつもりです。^^
まだ、ドッと疲れが出ませんA^ ^;)
まだ諸事情によりいろんな手続きが残っているので、
ドッと疲れを出すのはもっと先かもしれません。
それまでに、小出しにしていくつもりなんですけど・・・(´ー`*)
御気遣いいただいて、ありがとうございます。


by まりりん (2016-08-07 00:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。