So-net無料ブログ作成

父のこと [古ひつじの詩(川柳・狂歌・詩・散文など)]

皆さま、こんばんは[わーい(嬉しい顔)]


しばらく忙しくて、
皆さまのブログ訪問が滞るかもしれません。
申し訳ありません。m(_ _)m

時間を見て、お邪魔しますので
そのときはよろしくお願いいたします♪



今日は、久しぶりに古ひつじの詩です( ´艸`)


暑さで、脳味噌がフリーズしたままですが・・・[ダッシュ(走り出すさま)]




父のこと




父が逝って ひと月が過ぎた

あんなに暑かった日々は

次第に遠くにゆらぎはじめ

夜になると虫の声・・・


ようやく さびしくなってきた

時間ができると

「病院に行かなきゃ 」 って思うし

買いものに行くと

病院に持って行くものを探してしまう

「父はもういないんだ 」 と はッとしては

さびしさが風のように吹きぬけていく


人は2度 死ぬと言う

一度目は その命の尽きるとき

二度目は 思い出す人がいなくなったとき


その重い荷と戦い続ける父を見ていた私と子ども達は

生きている間

その勇姿を忘れることはないだろう

2世代間にわたり 父は まだ生きている



もうじき 四十九日・・・

うそみたいだ

父がもういないなんて・・・



相変わらず 母と弟はまったく動く気配もなく

すべてを私にゆだねるわけでもなく



今頃になって やっと父は

この現状を目の当たりにし

家族の不備を 心底 理解しているのやもしれぬ



「おじいちゃん、

 あなたが選んだ人、間違ってたよ」

私は食器を洗いながら

さらりと言ってのける

父は無言だ



もっと生きたかったろう

やりたいことがまだまだたくさんあった


横浜の鶴工OB会には

絶対に 参加したかったに違いない



「横浜に引っ越せばよかったのに」

「そうだなぁ」

めずらしく 私の言葉を

肯定した目だった・・・



ただ最期は

「もうじゅうぶん生きたよ」 と

すぅ~っとあきらめたのだろう



私なんて

何度も何度も 「もうじゅうぶん頑張った」 と思っても生きてる

「神さまはいつになったら『もういいよ』って言ってくださるのかしら」

そう思いながらもずっと生きてきた

私みたいなものは

言葉にこそ表さないが

子ども達が気になって

見えない太い執着にしばられているに違いない




父が息を引き取ったその日は

奇しくも ちょうど 父が脳出血で全身麻痺になった日


父らしい と思う

「きっかり3年間 がんばったよ」

というメッセージなんだ


自分も納得できて

周囲にもそれを示して

ピリオドを打ったのだ


しかも 四十九日は 弟の誕生日


「僕の言葉・思いを忘れるな」

そう言い残したかったと思えてならない


父らしく

ほんとに父らしく 自ら選んだ日に逝った



子ども達は 悲惨な修羅場を

どれだけ 胸に刻んだろう


「子ども達を守ってくださいよ」

父に話す

「言うまでもない」

父は答える

「でも・・・

 あなたが 人を見る目がないことは

 じゅうぶん証明されちゃったわけだし

 そこンところは 手を出さないでほしいんだけど」

「また君はそういう言い方をする

 そういう言い方をしたら身も蓋もないじゃないか」

父はムッとした顔をするだろう

「子ども達の人生は 子ども達の責任の下で自由なんだからね」

向こうを向いた父は無言だ



今の今まで

私にとっては理不尽な

父の大きな壁があってこそ

私は自分のポジションを確認できた



母と弟も

自分達の座標を失くしてしまったのだろう

自己の内面深く降りていって

自分と向き合うことなどない人たちだ

浮き草のように漂い続けるのだが

それを自覚することもない

父がいてこその存在であったろう



私は今から

母の処遇を考えなければならない

「弟さんは動こうとされませんから」

母のケアマネに頼まれている

かと言って

私が動くことを弟が認めるはずもない



「もう 弁護士さんに頼んじゃいますよ」

「そうしなさい

 こういうことは きちんと手順を追って進めていくべきだよ」



四十九日を過ぎたら

もうひとガンバり

それが最後のガンバリになるように

父よ

お力添えをお願いします



部屋にただよう線香の香り

まだアサガオも咲きながら

風は初秋の肌触り

父が逝った夏が終わる







最後まで読んでくださって
ありがとうございます m(_ _)m


次回は、動物行動学の本のまとめをアップします[exclamation]
読みにくい本・・・なんです・・・;
がんばろー[パンチ] [ふらふら]







タグ:父の死
nice!(34)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 34

コメント 19

ナビパ

でもお父様の笑顔も同時に見えるかな。。。
もうひと頑張りですね。
健康にご留意願います。
by ナビパ (2016-09-07 08:06) 

よしころん

そろそろ落ち着かれたかなと思ったら、またしても重い現実が・・・
ひとつひとつ・・・でしょうか。

なんでこの人にこんな人が・・・というご夫婦たまにいらっしゃいます。
それが身内だとその葛藤はいかばかりかとお察しします。

娘たちには 「お母さんはもう十分だと思っているので、山で万が一のことがあっても悲しまなくていいよ~」 と話しています ^^;
といいつつ山岳保険には加入してます(笑)
by よしころん (2016-09-07 08:26) 

ゆきち

落ち着かれる間もなく、また次のステップへ進まなければならないのですね・・・。
いつも前を向いて頑張っているまりりんさん。
きっとお父様が力をくださると思います。
by ゆきち (2016-09-07 16:10) 

saia

お父さまの四十九日の法要、お疲れさまでした。
まりりんさん、この詩は、胸が締めつけられます。
「忘れられない写真」の記事といい、泣いてしまいます。
辛苦を経験されていらっしゃったのですね。
お父さまがずっとそばで見守ってくださっている、きっとどんな時でもまりりんさんの見方でいてくださっている、、、そう信じています。

by saia (2016-09-08 01:02) 

saia

申し訳ありません。
四十九日は、まだこれからですね。
あと数日先でしたね。
大変失礼いたしました。
お詫び申し上げます。。。

by saia (2016-09-08 01:06) 

向日葵

お母様と弟さん。。
いろいろありそうですね。

身内のごたごたは一番堪えますね。
ご自分を一番に大事になさって、ご無理をなされませんよう。。

難しいのは承知ですが「ほどほど」で。。
by 向日葵 (2016-09-08 01:13) 

ルディパパ

心身共に疲労する日が続くかと思います。ご自愛ください~。

また深く考えさせられました~。
いつも考えるだけですが(~_~;)
by ルディパパ (2016-09-08 01:34) 

まりりん

ナビパさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ナビパさまのコメントを見るまで、
父の笑顔というもの、忘れていました。
顔の筋肉の麻痺もキツかったので・・・
倒れる前の父の笑顔、思い出してみます♪
ありがとうございます。
最終的には鶴工のOB会に御挨拶に伺いたいと思っています。
それで最後・・・かな・・・?
by まりりん (2016-09-08 16:08) 

まりりん

よしころんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
>それが身内だとその葛藤はいかばかりかと・・・
ほんとうに、想像しえないほどのストレスです。
私の身の上にこんなことが起こるなんて考えもしませんでした。
>山岳保険・・・
そういうものがあるのですね! (@o@ !!
山岳保険に入られるよしころんさまのお気持ち、とてもよく分かります。
私ももう充分、です (*^ ^*)
by まりりん (2016-09-08 16:13) 

まりりん

ゆきちさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
山やら谷やら、次から次から・・・
障害物競走のようです( ´艸`)
もうあと少しで、それも終わり♡ と思ってガンバります。
>きっとお父様が力をくださると思います
ほんと、父にお願いしたい・・・。
暖かいお言葉、ありがとうございます♪
by まりりん (2016-09-08 16:17) 

まりりん

saiaさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
>お父さまの四十九日の法要、お疲れさまでした
ありがとうございます♪
無事に終えることができました。
しんどいのと、ほっとしたのと、次に来るであろう事態へのストレスと・・・
できることなら放り出して逃げたいですよ~(笑)
お優しいお言葉をいただいて、ありがとうございます♪
by まりりん (2016-09-08 16:21) 

まりりん

向日葵さま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
私は、両親と弟の4人家族でしたが、
父が脳出血で全身麻痺になったとたん、母と弟が大変身しました。
こんな崩壊は予想できませんでした。
父は動けず、しゃべることもできず、大変悔しい思いをしたことと思います。
身内の大変身は心底 コタえます(;´д`)
by まりりん (2016-09-08 16:26) 

まりりん

ルディパパさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
>心身共に疲労する日が続くかと・・・
ほんと、すごいストレスです。
あんあり考えないようにしていますが・・・;
この類のストレスに蝕まれるのは避けたいですものね。
暖かいお言葉、ありがとうございます♪
by まりりん (2016-09-08 16:28) 

みぃにゃん

少し落ち着いたときに寂しさでますよね。いつもならこーだったとか。
いつもここに座って話ししてたとか・・・。
私も今は父は一応健全ですがいつか来る別れ・・・。
自分自身乗り越えられるかな?
by みぃにゃん (2016-09-08 22:04) 

まりりん

みぃにゃんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
足元を吹き抜けるような寂しさですね。
虚しさというか・・・
お父さま、お元気で何よりです♪
私は、子ども達との別れはエグるように、ではなく、
夢のように逝きたいと思っています;

by まりりん (2016-09-08 22:34) 

makkun

父上殿との関わりが非常に強かった訳ですから
「現存」から「無」に変化した日々が
無性に寂しくなるのは良く理解出来ます。
後ずさりは出来ないので頑張りましょう(*^-゚)v♪
by makkun (2016-09-10 11:44) 

まりりん

makkunさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
父が倒れてから、父との関わりが深くなりました。
お陰さまで、父を考える時間をいただいたと思っています。
あたたかいお言葉、ありがとうございます♪
by まりりん (2016-09-12 01:14) 

ojioji

たいへんご無沙汰しております。
お父上様、とても頑張られたのですね。
今はまりりんさまや皆様を見守ってくださっていることでしょう。
実は昨夜わが家のアメメを看取ったところで、三月にコメントいただいていた方のところをおじゃましている途中で、お父上様のことを知った次第です。ぼくは、目を閉じると心の中でいつでも会える、もう粗相の始末をしなくて良いんだ、と今は思うことにしました。雨がやんだら葡萄の木の傍に埋めてやります。
by ojioji (2016-09-23 10:19) 

まりりん

ojiojiさま

お返事が大変遅くなりまして、
申し訳ございませんでした。
父もアメメちゃんと同様、
「もう充分」というほどがんばりました。
アメメちゃんも、今頃はきっと自由に
虹の橋のあたりで遊んでおられることでしょう。
ojiojiさまの愛情に包まれて、
きっと幸せだったと思います。
必ず来る悲しみと分かっていても、とっても辛いものですよね。
御冥福をお祈りしております。
by まりりん (2016-10-28 16:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。