So-net無料ブログ作成
検索選択

大事なことはみ~んな猫に教わったⅡ 私の場合 [ねこ ぬこ ねこ]

昔々、
まだ子どもたちが本当に幼かった頃、
山の中の小さな町に住んでいたことがありました[るんるん]

見渡す限り山・・・っていうか、
盆地だったので、
360度
どこを見ても山に囲まれておりました[わーい(嬉しい顔)]

交通の便は、ほんとうに不便で閉口しましたが、
群生する蛍の乱舞や、
「ぎょえッ~[exclamation×2]
びっくりするほどの夜空の星数
頭上に、こんなにたくさんの星があったのかと・・・
宇宙の壮大さに目を奪われました[るんるん]


あんな世界を目撃したことは、
今では、私の心の財産になっていると思っています[揺れるハート]


ほんとうに自然が豊かな土地でした・・・[黒ハート]


まりりん(6年前に亡くなった愛犬)も、
子ども達も、
田舎の山野を駆け回って育ちました[ひらめき]

腰までの雪や、
氷点下を経験したのも、この地域です。



ここに住んでいる時に、
庭に野良猫ちゃんが来るようになりました[猫]

私が、庭の木の根元に
食べるものを置いておくので、
それを食べにやってきていました。

ねこちゃんにあげるものが無い時は、
いりこ出汁で温めたお豆腐とか(湯豆腐[exclamation&question])(笑)
木の根元に置いてました。

ねこさん、お豆腐も食べてはりましたよ。^^


そして、ある日、
そのねこさんはお母さんになって、
5匹くらいの赤ちゃん猫を連れてやってくるようになりました。

あらら・・・
野良の子育ては、さぞかし大変でしょう。
って思いました。

お母さん猫は、毛並みがパサパサになっていましたもの。
助けてあげなくちゃ・・・[るんるん]

そう思って、
買ってきたキャットフードや、残飯を、
子猫たちの分まで置いてやるようになりました。


そしてそのうち・・・
「あれ?」
1匹、多くなったのです。

真っ黒の小さな子猫が増えていました。

「この子、絶対にあんたの子と違うでしょ?」


自分の子供よりも、
月齢にして、数カ月も小さい子猫を
我が子と同じように育てていたねこのお母さん。


えらいなあ・・・[猫]

私も幼い子供たちの子育て真っ最中[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

とても他人事とは思えませんでした[たらーっ(汗)]
私も髪振り乱して頑張りましたから。^^


猫さんはね、
我がまま気ままなだけではありません。
ちゃあんと分かって生きてるんですよね[猫]

そのうち、子ども達は大きくなり、
庭で鬼ごっこをしたり、
庭の木によじ登ったりした、よく遊ぶようになり・・・

小さなクロちゃんを苛めることもなく、
みんなで仲良く暮らしていました[ひらめき]


(うちの子ども達とシンクロしています[わーい(嬉しい顔)])(笑)


その猫さんの家族は、
誰ひとりとして、
人にはナツキませんでしたが、
キッチンを覗き込んでご飯を催促したり(笑)
庭で日向ぼっこをしたり、
それはそれは愛らしい姿を見せてくれたものです[るんるん]


そうして、大きくなった子どもたちは、
1匹ずつ独り立ちしていきました。
ひとり減り、ふたり減り・・・


最後には、一番小さかった黒猫ちゃんが
お母さん猫と残りました。

(そのころ、私達はその子のことを「クロちゃん」と呼んでいました)

クロちゃんは、
幼いころの栄養不足からか、
大きくなっても小柄な猫でした。


そうして、クロちゃんがおとなになった時、
お母さん猫は、
自分のテリトリーをクロちゃんに残して姿を消したのです[exclamation]



私は感動しました。
他人の猫なのに、
自分の子と同じように育てて、
しかも、その子に
自分のテリトリーを譲るなんて・・・[exclamation]


お母さん猫の姿が見えなくなってからは、
クロちゃんがひとりでご飯をねだりに来るようになりました。


さてさて、
この続きはまた明日・・・[るんるん][ぴかぴか(新しい)]


そうなんです[exclamation]
まだ続きがあるんです・・・[黒ハート]

次はクロちゃんの物語。


最後までお付き合い下さってありがとうございます[るんるん][ぴかぴか(新しい)] m(_ _)m








nice!(30)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。