So-net無料ブログ作成

堀文子展 『 一所不在・旅 』 その1 [ひねもす日記]

先週、兵庫県立美術館に 画家 堀文子展 を見に行ってきました[るんるん][ぴかぴか(新しい)]
ちょうど娘の仕事が休みで、駅まで車で送迎してくれました。

ラッキー[ぴかぴか(新しい)]

行って良かったです[exclamation×2]
喝を入れてもらった感じです[パンチ] 堀文子さんの絵画をいていると、私って何をしてるんやろ…って、ほんとうに考えてしまいました。 気合いを入れ直して、毎日に取り組まなければ…[exclamation×2] 堀文子さんは、1918年生まれの女性で、日本画家です。 今年で、97才[黒ハート]
エッセイも何冊か出版しておられ、
私もその著書は数冊、持っています。
『 徹子の部屋 』 の壁に、 ( あの黒柳徹子さんの、徹子の部屋[exclamation]です ) 青い民族衣装の 『 アフガンの王女 』 と、 ヒマラヤで見つけたと仰る 『 幻の花 ブルーポピー 』 が飾ってあります。 私は、兵庫県立美術館で、『 早苗の頃 』の前 で涙腺が崩壊しました[もうやだ~(悲しい顔)] あまりの感動に、涙が止まりませんでした。 たぶん、私の脳は、相当なショックを受けたものと思われました。 よろよろと歩きながら、もう放心状態で、 堀文子さんの世界にどんどん引き込まれ、 私という存在が、覆いつくされてしまったようでした。 絵画の威力って、すごいんですね。 もう圧倒されてしまった[exclamation×2] としか、言いようがありません・・・[たらーっ(汗)] 涙があとからあとから溢れて、 めちゃめちゃ恥ずかしかったデス。 だって、雨にもかかわらず、すごい人でしたもの。 (でも、雨だから、あれでも人出は少なかったそうです) パンフレットというか、図書目録の如きものを買い求め、 数枚の絵ハガキも買って、 雨の中、大事に抱えて持ち帰りました。 ぼーっとしていて、兵庫県立美術館の中で迷子になりました。(笑) ほんまに、放心状態でした・・・[あせあせ(飛び散る汗)] あの図書目録は、私のこれからの人生の、座右の銘になるはずです。 行ってよかった[exclamation×2] 堀文子展に行けた御縁に心から感謝します[黒ハート][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]    

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。