So-net無料ブログ作成

堀文子展 『 一所不在・旅 』 その2

今日ご県立美術館に、堀文子展を見に行った5日は、あいにくの雨でした[雨]

「絶対に行きたい[exclamation×2] 」 と思いながら、
忙しさにかまけて、毎日をうっかり過ごしていましたら、
はッと気がつくと、
堀文子展~[ 一所不住・旅 ] ~ は、
今月の7日まで。

もう思いついた当日、5日しか行ける日がありませんでした[たらーっ(汗)]

絶対に見たかったから・・・[exclamation×2]

「雨だと、美術館がすいてるかもしれへんわ・・・[るんるん]
などと、雑念妄想に期待を膨らませて、兵庫県立美術館まで行ってきました。

たまたま今日がお休みで家にいた娘が、
「駅まで送迎してあげよう[るんるん]
と大変に嬉しいことを言うてくれましたので、それに甘えることにしました[黒ハート]

そして、JRの駅に着くと、
なんと!
事故でJRは運行していないらしい[exclamation×2] \(◎o◎)/

「えーーーーー[exclamation×2][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

でも、そこに流れるアナウンス・・・[ひらめき]

運転再開の1番目の快速が発車するところで
「 お急ぎください[exclamation×2] 」 だって[exclamation]

私はダッシュで階段を駆け上がり、
(速度はめちゃめちゃ遅いけど)(笑)
ぜぇぜぇ息を切らしながら、停まっていた快速電車に乗り込みました。

電車はすいていました。

ああ、これは
「行きなさい」っていうことね・・・[exclamation]
そう思いながら・・・[ひらめき]

いつもなら、電車に乗ると、スマホ・kindleの無料版三国志(吉川英治さん著)を読むことにしているのですが、
あのときは何も読む気にならず。
ただぼぉーっと窓の外に広がる海を眺め、
いろんなことを思いながら電車に揺られていきました。

雨は、けっこうなふき降りで、
阪神岩屋の駅を降りてから、県立美術館までの道では、
風雨との戦いでした。
傘で 「ぐおー[exclamation] 」 と戦いながら歩きました。

やっぱ、私如きが、堀文子さまの絵画を見に行くのなら、
これくらいの妨害が入っても仕方がないのかもしれない・・・
などと、意味のよくわからないことを考えていました。


やっと辿りついた堀文子展は、県立美術館の3階。

堀文子さんの絵画の前に立つと・・・ 圧巻でした[exclamation×2]


脳の中の言葉をすべて失ってしまい、
私は不覚にも、絵の前で泣いてしまいました。何度も・・・何度も・・・

恥ずかしいので必死で堪えましたが[たらーっ(汗)]

80年間余りの作品を目前に並べられてしまったら・・・
もう言葉も理屈も失ってしまいます。
自分の中からは、何も出てきません。

想像以上に、堀文子さんの存在感がビシビシと伝わってきます。
やわらかで、しなやかで、それでいて厳しく、確固たる存在感、です。


年齢によって、堀文子さんの、絵が変わっていく過程を見ていたら、
堀文子さんの挑戦する精神や、
自分に妥協を許さない厳しさや、
そして、自然に対する、細やかで深い愛情を 肌身に染みて感じました。


行ってよかった・・・[exclamation]


いくつになっても、そこにあぐらをかかない人。

堀文子さんの言葉より抜粋・・・


「芸術とは、何物にも従属しない個々の生命のリアリズムであると思います」


「さまざまな国を旅して、『風景は思想だ』と私は確信した。風景は自然を取捨選択し、その国の人々が作り上げた作品なのだ。」

ああ、これが芸術というものなのですね。
圧倒的な力を持つもの、それが芸術。
芸術の前では、私一人の存在なんてホコリの粒のようなものでした。

ほんま、私ってまだまだ青いわーって思いました。
「 すみませんでした[exclamation×2][あせあせ(飛び散る汗)]

神さまに一喝されたような、
それでいて、とても清々しい気分になりました[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

帰り道の雑草の、
なんて生き生きと感じられることか・・・[ぴかぴか(新しい)]
枯れた茎さえ、命の痕を残しているように見えました[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

今まで、いろんな画家の展覧会をみたけれど、
こんなに心に迫ったものは初めてでした。

すごいなぁ・・・[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

奢らず、誇らず、羨まず、欲を捨て、時流をよそに脱俗を夢見て、 私は一所不住の旅を続けてきた。

( 『 堀文子の言葉 ひとりで生きる 』 求龍堂2010年 )



堀文子展、遭遇された方は、
ぜひ、お出掛けになられることをお勧めいたします[るんるん][ぴかぴか(新しい)] m(_ _)m



拙い感想文ですみません・・・[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]



最後までお読みくださってありがとうございました[るんるん][ぴかぴか(新しい)] m(_ _)m


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。