So-net無料ブログ作成

サボテンの花 サボテンの雑学 [ひねもす日記]

愛好家が多いサボテン[黒ハート]
今は亡き伯父も、サボテンの愛好家でした。

屋根を改造して、テラスのような場所を作り、
温室にしてサボテンをた~くさん育てていました。
よく案内してもらったものです。^^
まだ、子どもだったので、きっと話の内容がよく分かっていませんでしたが、
そんな私に、伯父は詳しく詳しく、サボテンの説明をしてくれたものでした[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

ご近所のサボテンの花が咲いたので、写真を撮らせていただきました[るんるん]

サボテンの花は2日ももたずに、しおれてしまいます。
実家で咲いていたのは、まっ白でしたが、
母が『月下美人』だと言っていました[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

ご近所さんのこの花は、少しピンクがかっていて、とても可愛いかったです。[わーい(嬉しい顔)]


サボテンは、約 140属 2000種以上もの種類があるそうで、ほとんどが多肉植物です。
乾燥した砂漠地方に育つというイメージがあるサボテンですが、
実際には、岩の上や高山に生えるもの、湿潤な地域や寒い地方で育つものもあるそうです。
サボテン自体は、水を好む植物だということです。

あのトゲには、空気中から水分を取る機能も備わっているらしい…。
自然ってすごいですね [揺れるハート]

あ。。。[あせあせ(飛び散る汗)]
外に放り出している多肉植物、ちゃんと世話をしてやらないと… \(◎o◎)/!

夏日が当たり過ぎても、
水をやり過ぎても、
日が当たらなくても、
水が足りなくても、
サボテンは枯れます[exclamation×2]

考えてみれば、サボテンだって植物なんだから、
当然と言えば当然の話ですね…。

サボテンはその種類によって、
好む土壌も生育環境も違いますので、
育てるサボテンの種類によって、調べた方がよさそうです。
アルカリの土壌を好むものばかりではないそうです。

すぐにしおれてしまうサボテンの花ですが、
サボテンの花に種がつくことはほとんどないので、
しおれてもそのままにしておいて良いそうです。
そのままにしておいても、自然に取れてしまうらしい…。
もし、種がついていたら、種から育ててみるのも楽しそうですね。

サボテンには食用のものもあって、
ドラゴンフルーツは紐サボテン族の果実
ウチワサボテンの果実はTUNAトゥナといって、
諸外国ではよくしられた果実です。
あの分厚い葉のサラダもありますね。

最近では、寄せ植えがはやっています [ハートたち(複数ハート)]
私はまだチャレンジしていませんが、水栽培という、意外な方法もあるそうです


そういえば、『 CUCTAS 』 ってバンドがあったのはご存知ですか?
ハードロックのバンドで、私、大好きでした! [ハートたち(複数ハート)]
なつかしいなぁ~[揺れるハート]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。