So-net無料ブログ作成

五十肩がまだ治らないけど・・・ 私の体験談! [熟年世代のちえぶくろ?]

昨年(2014年)の6月に急に 左腕の二の腕(真ん中のあたり) が 肉離れ をおこしました。
実際には肉離れではなくて、それが 五十肩 の始まりだったのですが、
そんなこと、まったく分かっていなくて、 肉離れ だと信じ込んでいました[あせあせ(飛び散る汗)]
実際、 肉離れ のような痛みだったのです [がく~(落胆した顔)]

ちょうど、ワールドカップ [サッカー] で日本代表が不本意な成績だったので[もうやだ~(悲しい顔)]
「応援してる時にチカラが入り過ぎて肉離れを起こしたんやー[exclamation][ダッシュ(走り出すさま)]
と思っていました。(笑)


ちなみに…[ひらめき]
ドイツのマインツからイギリスのレスターに移籍した 岡崎慎司選手 と、
マンチェスターユナイティッドからドルトムントに帰ってきた 香川真司選手
ふたりのシンジ選手は神戸ゆかりの選手です [るんるん][ぴかぴか(新しい)] ^^ ハナストナガイ…


左の二の腕は、痛くて痛くてたまらなかったので、カイロを貼ってあたためていました。
痛くてサポーターもできませんでした。
少しでも動くと激痛が走りました。
だからずっと左半身が 『 キヲツケ 』 してるような格好で、左腕を体にくっつけて動かないようにしていました。
変な姿勢でいるために、肩もこる、首もこる、腰も痛くなる[たらーっ(汗)]
すべて、 ワールドカップが原因 だと思っていました。(笑)[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

寝るときは、右を向いても激痛、左を向いても激痛で、眠れないくらい [ふらふら]
やっとウトウトしたと思ったら、寝返りでビリッと痛みが走ってまた目が覚める…という繰り返しで、毎日、寝不足が続きました。
それがまさか、 五十肩 だなんて…[たらーっ(汗)]

ロキソニンが効かないので、たまらなくなって整形外科を受診しました。
「 二の腕が肉離れを起こしました[あせあせ(飛び散る汗)] って…(笑) [ダッシュ(走り出すさま)]

痛みが出始めてから1か月以上 経過していました。


肩関節 は、体の中で一番よく動く関節で、可動域も広く、とても複雑な構造をしています。
足や膝などの関節は、骨同士がかみ合っていますが、肩の関節は関節がかみ合っていなくて浮いているような状態です。
不安定な構造をしているので、その周囲を靭帯や筋肉などで支えています。

そして、五十肩
年齢とともに、肩関節がすり減ったり、変形したりして、痛みが起こり、五十肩を発症します。

五十肩の症状 は、人によってさまざまだそうです。
私は肉離れから始まりましたが(笑)、じわじわ痛い人もいるらしい [たらーっ(汗)]
痛みを感じる場所も二の腕のあたりが多いらしく、 肩ではないので 、私のように 五十肩 だと気がつかない人も多いようです。

五十肩の病期 は、3段階に分けられます。

まず 急性期
炎症が起こったばかりで激痛を伴います。

次に 慢性期
炎症は納まりますが、無理に動かそうとすると「痛いッ!」って時期。

そして 回復期 です。
痛みはほとんどありませんが、腕の可動域が狭いままである時期です。
数年後でもまだ自由に動かせない人もいる そうです。


私は、もっと早く整形外科に行けばよかった…と思っています。
初期の症状は、私の場合、 二の腕が冷える ことでした。
二の腕に脂肪が厚く巻いているため(笑)[ダッシュ(走り出すさま)] 「脂肪が冷えるとなかなか温まらないんだよー[爆弾] などと周囲にしゃべって笑っていました。(笑)

整形外科では、炎症を抑え、痛みを和らげるために、 消炎鎮痛剤 を処方されました。
リハビリ にも通いました。

余りにも痛みが強い場合は、関節に痛み止めの注射をするそうです。
私は、その注射が痛そうなので遠慮しました。(笑)
この場合の注射や痛み止めはクセにはなりません。
拘縮をふせぐために痛みを緩和して、動かせるなら動かした方が良い のです。

私は、1か月以上もがまんしていたので、炎症が広がり、肩まわりや腕が拘縮 してしまいました。
痛みが出始めてから1年2か月 が過ぎましたが、まだ可動域は狭く、完治していません。
痛みはほとんどありませんが、左腕から肩にかけての筋肉が硬いため、自由に動きません。
特に、腕を上に上げるのが難しいので、棚の上からものを取り出すときがとても不便です[あせあせ(飛び散る汗)]

昔は、平均寿命が短かったので、 五十肩は長寿のしるし とされたそうです。
\(◎o◎)/!

片方の五十肩が治ると、もう片方が五十肩になる人も多い と聞き、厳重注意している私です。(笑)

腕に違和感を感じたら、すぐに整形外科に行きましょう[ひらめき]
そして、普段からストレッチなどをして、肩や腕のこりをほぐしておきましょう[るんるん]

その痛み、もしかしたら 肉離れ ではないかもしれませんよ(笑) F(^ ^;

   

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。