So-net無料ブログ作成

ハッピーになれるおばさん経済学Ⅰ又吉クン×経済学「オイコノミア」 [TV番組・ドラマ・映画・DVDなどなど]

又吉くんが好きなので、 NHKの「オイコノミア」 はけっこう見ています。

先日、 『 ハッピーになれるおばさん経済学 』 という企画があり(笑)、
一応、私も関西のオバチャンのひとりですし、興味深かったのでレポートします (^m^)

経済学の観点からおばさんを研究しているという、 慶應義塾大学教授 中島隆信さん が出演されていました。
中島教授の専門は 応用経済学 で、お寺や刑務所~おばさん(?)まで研究されているそうです。

”おばさん”という言葉から何を連想しますか? と街頭インタビュー。

「ヒョウ柄」 
「声がでかい」
「元気すぎ」
「電車でむりやり座ろうとする」
「打たれ強い」
(ヒドいワッ[あせあせ(飛び散る汗)]オバチャンだって傷つくのよ[たらーっ(汗)]

「将来的にオバチャンになるのはイヤ」 (オバチャン未満の女性たち)


30代~60代の女性にアンケートを取ると、 「オバサン扱いされるのはイヤ!」という人が9%、「仕方ない」は59%、「かまわない」は32% という結果が出ました。


中島教授によると

☆ オバチャンは経済効率を促進する
☆ オバチャンは有益な人的資本である
☆ オバチャンは合理的な経済人である

ということなのです!(笑)

作家の室井佑月さん がゲストでした。
中学2年生のお子さんがいらっしゃるそうで、番組的に、室井さんは自称「おばさん」という設定です。
んー[たらーっ(汗)] 室井さんは 『 オバチャン 』 のイメージからはほど遠いですけど・・・[たらーっ(汗)]
かなりムリな設定かと思われました。(笑)
なんせ、美しい作家さんだし…[あせあせ(飛び散る汗)]

「オバチャンから見ると、若い男性はみな息子に見える」
あー、そうそう[exclamation×2]
サッカーの代表戦を見ていても、ほぼ 『息子たち』 ですからー(笑)

オバチャンであることは、ある意味で余裕があるということらしい(?)
まぁ…子育ては終わってますし、厚かましくはなっていますケドね(自己申告)[ダッシュ(走り出すさま)]



例えば、 混雑している公衆トイレでオバチャンが男子トイレを使用する件 (笑)
もうひとつは、
電車の座席で、7人が座れるところを6人しか座っていないところにオバチャンが割りこんでくる件 (笑)

これは、稼動率の高いところから低いところに向かって、ものやサービスを動かしていくのは合理的であるということ  で、
男子トイレを使用するオバチャンと、座席にむりやり入ってくるオバチャンを見たら、
そこでアタマを経済学に切り替えればいい[exclamation×2] そうです(笑)

☆ オバチャンは合理的な経済人である


なるほど!
私もその合理化に勇気をもって参入することにしましょう[ひらめき][ぴかぴか(新しい)]
(トイレの件はムリ[たらーっ(汗)] 座席は・・・ガンバります[exclamation]

今は 『 美魔女 』 がモテはやされていますが、加齢を重ねると、女性らしさを維持することに コストの問題 が出てきます。

女性らしくあるメリット よりも、コストがかかり過ぎるというデメリット の方が大きくなると、 オバチャンが出現 するらしい(笑)

大笑いしながら、自分でとっても納得しました[わーい(嬉しい顔)]

ほんとうに、加齢に伴って、 『 普通 』 でいること に大変な努力とコストがかかります。
際限がありません。
だから 「もぉーやーめたッ[exclamation×2] ってなる。 (体験済) [ダッシュ(走り出すさま)]

だから、 『 オバチャン 』 の定義は、
『 女性らしさの維持を放棄した存在 』

いやー[あせあせ(飛び散る汗)] またまた納得…[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

でも、私なりに言い直させてください[ひらめき]
『 女性らしさにこだわらない存在 』 

言いかたを変えれば、オバチャンは、
『 ありのまま生きる、コダワリを捨てた存在である 』  ということになります。

その通り[exclamation×2]
オバチャンも悪くない[るんるん]
だって、居心地がいいっていうか、ラクなんですもん[ひらめき]


ということで、こんなにレポートが長くなるとは思いませんでした[たらーっ(汗)]
次回も (いつになるか分かりませんが) レポートは続きます[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

  



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。