So-net無料ブログ作成

「じゃりんこチエ」 私なりの思い入れと考察 [思い出メモリアル]

友人と話していて 『 じゃりんこチエ 』 の話題になり、
懐かしさとともに ハマッていたころ が蘇ってきました[るんるん][ぴかぴか(新しい)] ^ ^ /

2Fに 『 じゃりんこチエ 』 って全巻揃っている、はず…[ひらめき] [ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

それでも番外編の 『 日の出食堂の青春 』 (これってNHKの連続ドラマになったんですってねー) や、
『 力道山がやってきた 』 なんて忘れてるから、
また、ぜ~んぶ含めて、はるき 悦巳さんの作品を読み直したいと思う今日このごろです。


『 じゃりんこチエ 』 は、1978年から1997年まで、『週刊漫画アクション』に連載された、
はるき 悦巳(はるき えつみ)さん という人が書いた漫画です。

とにかく、アクションが発売されたら必ず、 『 チエ 』 だけは読んでいました(笑)
しかも、他の本屋さんよりも1日早く店頭に並ぶ本屋さんを知っていて、

(友人に教えてもらって)(その友人も『 じゃりんこチエ 』の大ファンで) (笑)

アクション発売日より 1日前 に立ち読みすることを習慣化していました(笑)

あほですねー[るんるん] (笑)
若かったですねー[るんるん] (笑)

だってね、関西の、あんな人情もので、「かわいそうでしょ?お涙ちょうだい」的な発想ではない、貧しく強くたくましい話なんて、
それまで見たことも聞いたこともなかったと思います[ひらめき]


『 じゃりんこチエ 』 の主人公は小学生の 竹本チエ
『 チエ 』 を取り巻く人たちが個性豊かで面白く、
(猫たちも含めて) 人情味豊かな世界を描かれていました。
映画にもTVアニメにもなりました[るんるん]

TVアニメの竹本チエの声優は、そのころ人気絶頂の 中山千夏さん が担当されましたが、
私はどうも馴染めず…[たらーっ(汗)]
っつーか、私が抱いていた関西のガキンチョ『 チエ 』 のイメージとはほど遠くて、
アニメはほとんど見ていません[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

『 チエ 』 って、あんな、のぼぉーっとしたしゃべり方はしーひんと思うねんw
私のまわりにも、そんな子、いーひんかったし、
関西の、しっかりしとぉ子どもって、もっとチャキチャキしてるもん。
……というのが私の持論でした[わーい(嬉しい顔)]

私に娘が生まれたら、『 チエ 』 のような、
たくましい子どもに育てたいなぁーと思って育てたのが、今の娘… (笑)A^ ^;) [あせあせ(飛び散る汗)]

かなりイメージは違っていますが…[たらーっ(汗)]
友人の中には 「 は、はぁーん[るんるん] という人も、僅かながら存在しております。(笑)

強いように見えて、実は私と同じで打たれ弱く(笑)、
泣きみそで、正義感は強く…[ひらめき]  時おり暴走…[たらーっ(汗)]

あれ?私に似てる???(笑)(笑)(笑)

まぁ、私が『ヨシ江はん』 ほど、できた人やなかったから仕方ありません…(笑)



若いころの私が敬愛していた親友の一人に、 『チエ』 みたいな人がおりました[黒ハート]
何ものにも屈さず、自分の思いに沿って真っ直ぐ突き進む 姿がまぶしかったのです[るんるん]

その女性を敬愛していた、もうひとつの理由は、
自分の中の意地悪さをあっさり肯定していて、自分という存在が善悪で対立することなく統合されていたから  というもの。

彼女とは、その後、とっても親しい20年ほどの時間を共有しましたが、
彼女が、彼女のひとり息子さんと同じ年齢の、私んちの次男に対して、異常なライバル心 を燃やし始め、
「何ものにも屈さず、自分の思いに沿って真っ直ぐに突き進む」 方向が、
私の苦手な方向を向いてしまったという、ちょっとばかし苦しい時期が続きました。

結局、私は、彼女の矛先をかわすのに疲れてしまい、次第に疎遠になっていき、
ここ数年は、おつき合いが無くなってしまいました。

それぞれ、なのに、ね・・・[たらーっ(汗)]

まぁ、でも、若いころ、いろんな面で私を支えてくれた人なので、
おつき合いが無くなった今でも、彼女にはとっても感謝しています[黒ハート]


また、 『 じゃりんこチエ 』 の話に戻ります[exclamation]

『 じゃりんこチエ 』 の舞台もありました。
『チエ』 は10才の大阪の女の子、テツは赤井英和さん、ヨシ江はんは音無美紀子さん

ああ、なんか、私のイメージとどんどんかけ離れていってしまって、正直、「もうやめてー」という心境でしたので、もちろん舞台は一度も見に行っていません。
(舞台関係者の皆様、ごめんなさい) m(_ _)m

今なら、年齢を重ねたがゆえに何ごとにも 寛容 になっていますので、
( オバチャンの『寛容』の定義=いいかげん・どーでもいい・楽しければいい など)
舞台でもアニメでも映画でも、見に行ったと思いますが、
何しろ、若かったですからー(笑)

昔のことをいろいろと思い出すのは、 認知症 の予防 にもなります[るんるん]

(義従姉さんは、今でもジュリーの追っかけをしてはるそうです[ぴかぴか(新しい)]

昔、楽しんだ漫画や映画など、なぞっていくのも楽しそうですね[揺れるハート]

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^ m(_ _)m

懐かしい『じゃりんこチエ』

じゃりン子チエ : 1 (アクションコミックス)

じゃりン子チエ : 1 (アクションコミックス)

  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 1979/05/15
  • メディア: Kindle版



ファンのための本デス(笑)

『じゃりン子チエ』の秘密

『じゃりン子チエ』の秘密

  • 作者: 関西じゃりン子チエ研究会
  • 出版社/メーカー: データハウス
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本



はるき悦巳さんの本です。

はるき悦巳短編全集 力道山がやって来た (ビッグコミックススペシャル)

はるき悦巳短編全集 力道山がやって来た (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: はるき 悦巳
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/06/30
  • メディア: コミック



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。