So-net無料ブログ作成

自分でもうまく説明できない詩・・・ [古ひつじの詩(川柳・狂歌・詩・散文など)]

枯野

心に染み入る旋律に
かすかな痛みが疼くとき
時のかなたに刻まれし
忘れ去られたぬくもりが
今ここに蘇るなら…


時間はいつも 大きくうねり
ふらつき戸惑う波の中

気がつけば
見知らぬ舞台の幕があき
役者がすべて変わっている


あの憧憬は
ただ陽炎とおもいしや
あの感傷は
ただの夢とおぼしきや


梢の間をすり抜けた
風に背中を追い抜かれ
落ち葉はからから舞い急ぐ


風吹く果てに幻影の
敬慕の影が視界を横切り・・・





もう少し、訂正を加えたかったのですが、
簡素化したいはずの文面が、
もっとヘンテコリンになるような気がして[ダッシュ(走り出すさま)]
そのまま投げ出すことにしました。
すみません[たらーっ(汗)]



拙い詩にお付き合いくださってありがとうございました♪ m(_ _)m
nice!(23)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。