So-net無料ブログ作成

スターウォーズのあらすじ(1) エピソード4~6 [TV番組・ドラマ・映画・DVDなどなど]

スターウォーズってどんな映画なの?
という人々のために、
私の どぅわい好きな スターウォーズ のあらすじを書きます[ひらめき]

2回に分けますね[exclamation]

今まで、まぁ・・・6つの映画が公開されていますが、
公開された時系列で、
あらすじをお話しします。

スターウォーズは、エピソード4から始まり(1978年)
エピソード5、6と続きました。

その次は、エピソード1~3が作られました[exclamation]
エピソード1は、1999年公開。

だから、スターウォーズ的には、エピソード4~5があって、
次に過去の物語、1~3が公開され、
そして、今週、封切りされるものは、エピソード7なので、未来です。

わくわく~[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]

この映画を作った ジョージルーカス は、 黒沢明 の大ファンで、
黒沢作品に多大なる影響を受けています[ひらめき]
スターウォーズは、黒沢作品の 「隠し砦の三悪人」( 1958年)を素地にしているとも言われています。

ネーミングについても、
フォースは 『気』、
ジェダイは 『時代』
オビワンは、 『帯』 など、
日本人としていて見ていても、おもしろいことが多いのです[わーい(嬉しい顔)]

(ちなみに、スピルバーグも黒沢明の大ファンです[exclamation]



今日は、エピソード4~6 をまとめます[るんるん]


エピソード4~6は、
ルーク・スカイウォーカー という青年の物語。
レイア姫 と、ハン・ソロ を憶えていてくれれば充分です[るんるん]

悪の帝国軍としては、皇帝 と、もちろん、ダーズ・ベイダー卿

ダーズベイダーは、黒い仮面をかぶっていて、
スーハースーハーと呼吸器の機械音をさせているので、有名ですよね[ひらめき]



レイア姫 は、悪の帝国軍に対抗する、同盟軍のモト元老院議員。
(レイア姫は、勇敢でたくましい、戦うお姫様です[黒ハート]
帝国軍の本拠地であるデス・スターの設計図を手に入れ、
故郷のオルデラーンという惑星に向かう途中でした。

デス・スターとは、小惑星のように大きな宇宙ステーションで、
今、まさに完成しようするところでした。

レイア姫が設計図を手に入れたことを知っている帝国軍は、
レイア姫を拉致。

レイア姫は、拉致される寸前に、
R2―D2というロボットに、設計図を記憶させ、
R2―D2は、仲良しのC3-POというロボットとともに脱出に成功します。

R2―D2も、C3-POも、不時着した惑星で、
原住民(宇宙人)につかまり、
労働用のロボットとして、農家に売られてしまいますが、
それを買ったのがルークのおじさんでした。

両親のいないルークは、おじさんの家に住み、農業を手伝っています。

R2-D2が、オビワン・ケノービに会いに行くと言って逃亡し、
それを追ったルークとC3-POは、
オビワン・ケノービに、ジェダイの騎士の話を聞きます。

ジェダイの騎士は、フォースという『気』のようなものを使います。

ルークの父もジェダイに騎士で、共和国の平和を守ってきた、
帝国軍のダーズ・ベイダーに殺されたのだと・・・。
誰も教えてくれない父のことを、初めて知ったルーク。

オビワンは、ルークにフォースを学ぶように勧めますが、
ルークは乗り気ではありません。

そうしている間に、設計図を持っているR2-D2を追ってきた帝国軍に、
おじさん、おばさん達は殺されてしまいます。

全てを失ったルークは、オビワンについて、ジェダイの騎士になることを決意します。

ハン・ソロという宇宙船の船長に、オルデラーンに行ってもらうように交渉し、
オルデラーンに到着しますが、
オルデラーンは、デス・スターに破壊されてしまったあと。
オルデラーンがあるはずの場所に、オルデラーンはありません。

そして、そこにあるデス・スターに、ハン・ソロの宇宙船ごと、吸収されてしまいます。
デス・スターに潜入したルークとハン・ソロ達は、捕まっているレイア姫を助け出し、
オビワンはダーズベイダーと戦って、命を落とします。
(みんなを逃がすためでした)

設計図を手に入れた同盟軍は、デス・スターを総攻撃。
でも、帝国軍はハンパなく強くて、
最後に残ったルークが、フォースを信じ、デス・スターを見事に破壊します。


ルークは、ジェダイの騎士になるために、
オビワンに言われたジェダイマスターのヨーダから、フォースを学びます。

途中で、宇宙の犯罪組織のボス、ジャバと戦って、
ハン・ソロとレイア姫を助けたりしますが、
強力なフォースを身につけたルークは、帝国軍に引き入れようとする皇帝や、
ダース・ベイダーから狙われるハメになります。

そして、ダーズ・ベイダーが、自分の父だと知るルーク。
そして、実はレイア姫は、実の妹だったのです。

(レイア姫は、この間、数々の試練の中から、ハン・ソロと愛し合うようになります)
(レイア姫は、武器を取って戦う姫であって、同盟軍の指揮官でもあります)

ルークは、ダースベイダーとの対決に勝ちますが、
さらに強力なフォースを駆使する皇帝に殺されそうになります。
そのルークを助けたのは、父、ダーズ・ベイダーでした。

ダースベイダーは、妻だったアミダラの予言通り、
まだ善の心を残していて、
最後に、自分の命を捨て、ルークを救ったのです。



今日は、ここまでです。
細かなところは省きました。
明日、エピソード1~3を書きたいと思います。

書きたい、書ければ、書こう・・・[るんるん]


最後までお読みくださってありがとうございます[るんるん] m(_ _)m

スター・ウォーズ BB-8 & R2-D2 1/12スケール プラモデル

スター・ウォーズ BB-8 & R2-D2 1/12スケール プラモデル

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー





nice!(26)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。