So-net無料ブログ作成

犬の思い出(ジステンバーのこと) [我が家のわんこ(愛犬物語)]

今は、ふくちんがいてくれていますが、
代々、何匹かの犬とのお付き合いがありました。

今日は、サム という犬のことを書きたいと思います。

サムは私が中学生のときに貰ってきた犬です。

伯母の家のご近所で生まれたシバ系の雑種でした。

と~ってもオトコマエな犬で、
利発で、理性的で、
引っ越して友達がいなかった私にとっては、
なくてはならない親友でもありました。

サムには、何でも聞いてもらっていました。
サムがいたからこそ、
住みなれない土地と、
理解できない価値観の中で、
なんとか暮らしていけたと思っています。

ツタンカーメンのように、
目のフチに黒いアイラインがキリッと引いてあって、
大きな目が涼しく、凛々しく、
薄茶の毛並みは短く美しく、
尾っぽはちょっと曲がり気味でしたが(笑)
とてもきれいな犬でした。

お散歩をしていると、
プップップ・・・とオナラをします。(笑)
そして、こともあろうに、
びっくりしたように振り返るのです。
「えぇー[exclamation&question]
 私とちゃうやん[exclamation&question]
通りすがりの人からすれば、
私が犬のせいにしていると見えたでしょう。(笑)

そういうことを楽しんでいるような、賢い犬でした。^^

ボール投げも大好きで、
弾丸のように駆け回ります。

学校から帰ってきて、サムを過ごす時間が、
夕焼け色のイメージで、
今も私の心の中に残っています[揺れるハート]


でも、私のせいで、
サムの最期はやってきました。

高校1年生のとき、
お隣りのわんちゃんが病気になりました。
高熱が出て苦しそうで、
誰にも触らせません。
獣医さんにもらったお薬も飲ますことができません。

困った隣人が私に助けを求めました。

私は大の犬好きで、
ご近所のわんちゃん達と、とても仲が良かったものですから・・・。

お隣のわんちゃんなのに、
私にだけは触らせてくれました。A^ ^;)
私の手から、お薬も飲んでくれました。
私は毎日看病に通いました。

そして、お隣のわんちゃんが元気になりかけたころ、
うちのサムに病気が伝染してしまったのです。

最悪。
ジステンバーでした。[がく~(落胆した顔)]

母が、サムはワクチンを受けていると言っていたので、
うちのサムは大丈夫、と信じて疑わなかったのですが、
ワクチンは切れていたのでした。

私がうつしてしまったのです
ほんとうに、最悪でした。


高熱が続き、
歩けなくなって、
食べられなくなって、
最後には、とうとうウイルスが脳に達してしまいました。


おもちゃの犬のように、
宙を見てワンワンと吠え続けました。
糞尿(血便)を垂れ流したまま、
横になっているにもかかわらず、
足は、歩行しているようにずっと動かしていました。

名前を呼んでも、
泣き叫んでも、
サムの目は宙を見つめたまま。
ずっとずっと機械的に吠え続けていました。

獣医さんに、もう、一生このままだと言われました。
[犬] 獣医さんも「風邪です」って、誤診だったんです)

サムの尿の臭いを嗅いだ犬にも、
ジステンバーは感染するそうです。
そして、私が、
サムの看病を続けている間、
ジステンバーの菌を、周囲にまき散らすことになるのでした。

獣医さんに、私から、サムの安楽死をお願いしました。



泣いても、泣いても、
サムはもう戻ってきませんでした。

高校の授業中もずっと泣いていました。
授業を受けながら、
先生の顔を見つめたまま、ぼろぼろ泣くので、
先生方に、
「どうした?何があった?」 と、
かなり焦らせてしまうことになりました。

お隣の、元気になったわんちゃんの走り回る姿を見るたびに、
あの子が救われただけでも良かったと思うことにしようと、
それでも、やっぱり、涙が止まりませんでした。
サムが一緒に走る姿が重なりました。


ふくちんの、ワクチンは必ず受けます[exclamation]
もう、あんな辛い目には、合いたくないですもの、

ジステンバーは致死率90%という怖い病気です。
感染率も高く、
詳しいことは、まだ分かっていません。
中枢神経を侵されて、
安楽死を選ばないまでも、
サムのようになったら、先は長くなく、
結局は、命を落としてしまいます。
助かっても重い後遺症が残ります。


先週、ふくちんのワクチンを受けに行きました。
ブルブル震えて、
情けない姿のふくちん[ふらふら]
[犬] 写真を撮るのを忘れました~[ダッシュ(走り出すさま)]

注射が終わったら、
あっけらかんと元気になりました。
げんきんな犬[exclamation](笑)
[犬] 注射を痛がることもありません)

「注射のあと、1時間くらいは安静にして、注意していてください」
といつものように言われて、
そうっと、大事に大事に抱っこして帰って来ました。


ワクチンだけは忘れないでくださいね[るんるん]


サムの思い出、
最後までお読みくださって、ありがとうございました[るんるん] m(_ _)m


nice!(26)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。