So-net無料ブログ作成

大事なことはみ~んな猫に教わった その1 [ねこ ぬこ ねこ]


大事なことはみーんな猫に教わった(そしてもっと)

大事なことはみーんな猫に教わった(そしてもっと)

  • 作者: スージー ベッカー
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: 単行本



『 大事なことはみ~んな猫に教わった 』

1990年に出版されて、世界的なベストセラーになった本です[ひらめき]
日本で出版されたのは、翌年の1991年かもしれません。

この本は、世界中で愛されている猫好き人間のバイブル とも言われています[るんるん](笑)

谷川俊太郎さんが、訳しておられて、
あっさりと媚びない、ステキな本になっています。
そこがいかにも猫らしい・・・[黒ハート](笑)

谷川俊太郎さんは、ねこがお好きなんだろうなぁ[黒ハート]
って思うような本です。

久々に手に取って眺めていたら、
ブログに書きたくなりました[るんるん]


絵と文は、スージー・ベッカーという人の手によるもの。
イラストレーターだったみたいです。
今は、この本が売れたために、財団を起こしたりしておられます。


*♪ 本から抜粋 .:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪


おなかが空いたら食べること。

おなかが空いてなかったら、
食べ物をおもちゃにすること。

もし食べ物が見えなかったら
ねだること。

ためらわず、人のお皿からたべること。(笑)

でなきゃ、残り物を平らげる。


.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪



あっはっはーって笑いながら読んでしまいます。[わーい(嬉しい顔)]


ねこちんは、私が見ているときは、とてもいい子にしてる。(笑)
甘えた声で、可愛過ぎる仕草をする[黒ハート]
それで、ついついデレデレしちゃう(笑)

ガスコンロの上のお鍋を手に取って、
くるりと振り返って、
テーブルの方を向くと・・・

あら[exclamation×2]
もうテーブルの上に飛び乗ってる・・・[exclamation×2]

「まぁ、なんてお行儀の悪い子[失恋][ちっ(怒った顔)]

バシッと目が合うと、
目にもとまらぬスピードで2階へ駆け上がる。
そうして、見つかりにくい、タンスの上の奥の方や、
押し入れの上の段とかに隠れてる。(笑)

分かってやってるから始末に悪い。

でも、しばらく経つと、
何事も無かったように現れる。

そうして、許されるのが当たり前だと言わんばかりに、
可愛く可愛くおねだりする[黒ハート]

ねこは、一瞬、
自分の欲求に、とても素直になるのです[るんるん]

怒っても無駄・・・[ダッシュ(走り出すさま)]
人間に、そう思わせるのが上手(笑)


でも、私はそういうねこちんを見ていて思いました。

こんなに好き勝手に生きてても、
こんなに愛されるんだ・・・って。


それは、私にとって衝撃的すぎるくらいのことでした。


我儘しても、愛してくれる人は愛してくれる。
ちょっとくらい悪さをしても、
死ぬほど怒られるわけじゃない。
顔もみたくないほど嫌われるわけじゃない。

信じ切ってる・・・[るんるん]

無邪気って、こういうことなんだナって。

邪気がないんですもの。

そのまんまだもの。



猫は、前頭前野が小さいから(ネコのヒタイ)
複雑な思考や、
こうなったらあーなる・・・っていうのを考えにくいんだと思う。
反省も後悔もしにくいんだと思う。

しかも、そこが可愛いのです。


でもね、人の感情や気持ちは、とてもよく理解してる。
カンがいいの・・・ っていうか、
カンだけで生きているって言った方がいいのかもしれません。(笑)


私は、こーんなに気分屋さんで、
こーんなに可愛いねこ[exclamation]
という存在に、とても衝撃を受けました[ひらめき]


気分屋でも、我儘でも、
愛してくれる人は、愛してくれるんです。
無償の愛しか信じてないんですもの。


我儘言っても可愛い。
止めても留めても、
外へ行きたいときは行きたい。(笑)
網戸なんか破ってでも、
網戸を壊してでも、行きたい。(笑)

我が家の網戸は壊滅状態です(笑) [もうやだ~(悲しい顔)]


ふくちんを押しのけて、
「?????」って顔をしてるふくちんのご飯を食べてしまう。
だって、美味しそうだもの。

自分のキャットフードの、嫌いな種類のツブツブは、
ぽーいと放って、
ふくちんにやってしまう。
てか、ふくちんを餌付けしてる・・・[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)](笑)

お腹がいっぱいだったら、
「食べていいよ~[るんるん]」って、
あっさり、すっかり、ふくちんにあげてしまう。(笑)

ふくちん大喜び[揺れるハート]

だめだめー[exclamation×2]
ちゃあんと量が決まってるんだから[exclamation×2]
なんて、ねこには関係ない。[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]


そして、うちのれおたんの近況 [猫]・・・・・[猫]・・・・・[猫]・・・・・[猫]・・・・・[猫]


うちのれおたんは、
ますます寒くなってくる冬に、
I さんに保護されたかと思いきや、
今朝、家の近くを走っていく姿を見かけました・・・[たらーっ(汗)]

あぁ・・・[ふらふら]

れおたんは、 I さん宅から脱走したのかしら?
そうしたら、I さんは、さぞやガッカリされているだろう・・・
そもそもI さんが保護した猫は、れおたんではなかったのかもしれない・・・
などと、いろいろと考えてしまいます[たらーっ(汗)]

代々、何匹かの猫さんとお付き合いをさせて頂きました。
猫に教えてもらったこと、
気付かされたことは多いです。


この 『 大事なことはみ~んな猫に教わった 』
を読みながら、
また思い出したことを綴りたいと思います[るんるん]


最後までお付き合いくださって、ありがとうございます[るんるん] m(_ _)m

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

  • 作者: 谷川 俊太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/07/16
  • メディア: 単行本



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。