So-net無料ブログ作成

鯛焼き! と、今日のまりりん地方^^ [ひねもす日記]

皆さま、こんばんは[わーい(嬉しい顔)]

今日は、鯛焼きのレポートです[ひらめき]


近くのホームセンターの出入り口に、
小さな鯛焼き屋さんがあります[るんるん]

出店というか、露店というか、屋台というか、
そんな感じです。

このお店の鯛焼き、
普段は 130円 なのですが、
ときどき、 100円 の日があります[黒ハート]
100円の日に遭遇すると、
もちろん、買っちゃいます[exclamation](笑)


t4.jpg

このお店の信条が、包装の袋に書いてあります[ひらめき]



うす皮
しあわせ パリパリたい焼き
皆様が幸せな気分になる様に真心を込めて
焼いています

文左亭



しあわせたい焼きの美味しい召し上がり方

パリッと香ばしく食べたいときは・・・
電子レンジで30秒温めた後、
オーブントースターで約3分~4分
お好みにあわせて軽く焼いて下さい。
香ばしく、美味しく召し上がれます。




お頭付き(笑)
t1.jpg

皮はパリパリ・・・[黒ハート]
t2.JPG

アンコは尻尾の先まで[わーい(嬉しい顔)]
t3.JPG

美味しく召し上がりました(笑)



鯛焼きが特別に好物というわけではありませんが、
美味しそうなら買ってしまいますね[るんるん]


普段は、上記のお店で買っていますが、
私の、一番のお勧めは、
加古川駅の近くの『やきやきや』さんの鯛焼きです。

造り酒屋に勤めておられた店主さんが、
脱サラをされ、
鯛焼きを焼く修業を積まれて、開業に踏み切られたお店です。

「商売は損得より善悪」
だそうです[ひらめき]

地元では、超がつくほど有名なお店。
いつも何人か並んではります。

(残念ながら、我が家からは、高速を使っても1時間近くかかります・・・[ふらふら]

小豆はたっぷりと尾の先まで。
北海道、十勝産の減農薬栽培の小豆を3日間かけて製餡するそうです。
卵は地元産の、抗生物質を使わない卵。
添加物なし。

そして、何よりも、羽がついています[ひらめき]

買う時に、必ず、
「羽はどうされますか?」
と聞かれます。
私は、もちろん、付けておいてもらいます。

羽とは、鉄板の上に溢れた皮で、
パリパリです。

写真はありませんが、
今度、行くことがあったら、アップしますね[るんるん]

あー、
また鯛焼きが食べたくなってきました~[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]


今日のまりりん地方の風景です[揺れるハート]
瀬戸内海[ぴかぴか(新しい)]
黒いのは船でございます[るんるん]
その向こうに長く見えます陸地は、紀伊半島でございます[わーい(嬉しい顔)]
umi.jpg

公園の水仙です[ぴかぴか(新しい)]
suisen.JPG
我が家の水仙は、葉ばかり伸びて[あせあせ(飛び散る汗)]
つぼみは付いていません・・・[ふらふら]

もう少し液肥をやってみようかしら・・・[たらーっ(汗)]



あらら・・・
鯛焼きで熱くなり過ぎて、
シンデレラアップでした(笑)
ギリセーフ[exclamation×2]



最後までお付き合い下さって、
ありがとうございます[るんるん] m(_ _)m



タグ:鯛焼き 餡子
nice!(28)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。