So-net無料ブログ作成

大事なことはみ~んな猫に教わったⅢ 私の場合 [ねこ ぬこ ねこ]

皆さん、こんばんは~[メール]

昨日は、なが~い話になりそうだったので、
野良ねこ母さん1代の話で終わりましたが、

(読もうと思って下さる方がいらっしゃるなら、前日のブログページをご覧くださいませ)

今日は、
その養女とした育てられた、クロちゃんのお話です[るんるん]


クロちゃんは、
お母さんがいなくなってから、
我が家の庭で、ひとりで寂しく遊ぶ日が続いていましたが、
いつしか、お腹が大きくなって・・・

[exclamation&question]
もしや[exclamation&question]
女の子だったの[exclamation&question]


そのうち、
3匹の子猫を連れて遊びに来るようになりました。


それがね、
お父さん猫も一緒に遊びに来るんですよ[猫]

クロちゃんが、ご飯を食べている時は、
お父さん猫が、
赤ちゃん猫達の遊び相手をします。

ちゃあんとイクメンしてらっしゃいましたよ[黒ハート]
えらいなぁ・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

私はもう感動でうるうるしながら、
この猫家族を見守っていました[揺れるハート]


そしたらね、
ある日、子猫が1匹増えているんです[ひらめき]

毛並みから考えるに
「絶対にクロちゃんと父猫の子やないでしょ[exclamation&question]
という猫ちゃんでした。


クロちゃんは、
自分がお母さん猫にしてもらったように、
自分の子どもと、
他所から引き取って来た子猫を
分け隔てなく育てました[黒ハート]

私の援助もむなしく、
小さな黒い身体は毛艶もなくなり、
細くやつれ、
クロちゃんが必死に子育てをしている様子が分かりました[もうやだ~(悲しい顔)]

父猫は相変わらず、大きなねこさんでしたが、
クロちゃんがご飯を食べているときや、
木に登って遊んでいるときなどは、
幼い子ねこを相手に
イクメンをこなしていましたよ[わーい(嬉しい顔)]

出来る限り協力してるって感じでした[黒ハート]


そして、その子ども達もまた大きくなり、
ひとり、ひとり、巣立って行きました。


そうしたら、また、
クロちゃんと、
クロちゃんが引き取って来た子が残ったのです[猫]

そうして、
ある日、クロちゃんの姿が消えました・・・[がく~(落胆した顔)]

自分のテリトリーを
その子に譲ったのでした [もうやだ~(悲しい顔)]


私はもう感涙・・・ T T


野良3代目になったところで、
私達は引っ越さなければならなくなったため、
3代目のお世話は御近所のお友達にお願いして、
私達はその家を去りましたので、
その後の様子は分かりません[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、
ねこさんは、
決して、我がまま放題でも、
勝手気ままなだけでもないということ、
私に教えてくれたねこさん達でした[もうやだ~(悲しい顔)]


小さなクロちゃんの姿、
まだ脳裏に残っています。
そのクロちゃんがいきなり増えた、野良の家族の様子も、
まだ心の中に焼き付いています。
そして、イクメンの大きな父猫さん・・・[ぴかぴか(新しい)]


私の心に沁み入った、懐かしい思い出です[もうやだ~(悲しい顔)]



最後までお付き合い下さって、
ありがとうございます[るんるん] m(_ _)m






nice!(36)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。