So-net無料ブログ作成

南海トラフが怖いです [ひねもす日記]

皆さま、こんばんは[るんるん]

九州で地震がありました。
被害に合われた皆さまに
心からお見舞い申し上げます。

まだ詳しいことは分からないようですし、
余震が続いているようですが・・・

熊本はプレートのひずみが交差しているところで、
連動する南海トラフも怖いです・・・

どうか、これ以上の被害が出ないことを・・・
そして、
神戸の震災のときのように、
明るくなってきたら被害の甚大さが目の前に広がることがないように
TVを見ながら手を合わせています。

東日本大震災のときもそうでしたが、
阪神淡路大震災を生々と思い出して、
震えるように思いました。


南海トラフ、ほんとうに怖いです。

九州の熊本は、
南海トラフとつながったプレートの合流地点のあたりです。

合流地点ということは、
プレートが何枚も重なっているということじゃないでしょうか。

まさか、九州に地震が起こるとは思っても見ませんでした。

しかも、これが引き金になって、
南海トラフのプレートが動く可能性は大きいでしょう。

南海トラフに隣接するプレートで地震があると、
その後、1週間から数年のうちに
南海トラフが起こる可能性が高いようです。

南海トラフは、死者33万人と言われていますが、
国民がパニックになることを避けるため、
被害は低く見積もって発表されているという話です。

震度は マグニチュード8
津波は50メートル級 らしい[がく~(落胆した顔)]

パニックになってもいいから、
甚大な被害の予想を、
最悪の場合から、幸いな場合までを
明確に発表してもらいたいものです。


50メートルの津波がきたら、
今の海沿いの街は、壊滅してしまいます。

息子は梅田・・・
梅田って、山はないですよね。
職場のビルの最上階にでも上がってもらわなければ・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

阪神間・・・
どこが残るのでしょう・・・
平野なので、さらに心配です。

(関東大震災も同じです[exclamation]

我が家は、海抜30メートルの辺りにありますが、
50メートルの津波がきたら、
かぶります・・・[exclamation]

南海トラフが怖くて、
いろいろと調べているとき、
ちょうど、4月3日に、
NHKで 『 巨大災害 』 の特集がありました。

そのときに撮った、テレビ画面の写真です。
これは、大きなプレートの境界線です。
n1.jpg
n2.jpg
n3.jpg
n4.jpg

これは、大きなプレートのひずみで、
小さな活断層は表示されていません。

小さな活断層は、大きなプレートの動きに連動するかもしれません。
(するでしょう・・・)

まりりん地方も、活断層の上にあります[がく~(落胆した顔)]

小さな活断層は、ネットで調べるとすぐに分かるので、
どうぞ御確認くださいますように。


まりりん地方では、
南海トラフの地震発生から、津波が到達するまで、
約1時間程度かかるそうです。

娘は、神戸の街(職場)から再度山(ふたたびさん)まで走ると言っています。
(神戸は海と山に囲まれた細長い街ですので、
 山は近くにあります)

私は探してもらいやすいように、避難場所を数か所、決めています。
(避難場所が満員だったり、崩壊したときの場合を考えて、数か所に決めています)
生きていたら、ふくちんを抱えて逃げます。

火災が起きたら、
火災で発生する熱風で、火事の竜巻が起こり、
それが街を襲って、
焼け野原になってしまうそうです。

住宅密集地は危険です。
(我が家も住宅密集地です[あせあせ(飛び散る汗)]

この本を読みました。

大災害からの生存術 あらゆる状況から身を守る完全マニュアル (PHP文庫)

大災害からの生存術 あらゆる状況から身を守る完全マニュアル (PHP文庫)

  • 作者: 柘植 久慶
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2013/03/05
  • メディア: 文庫



大災害からの生存術

大災害からの生存術

  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • メディア: Kindle版


アメリカの特殊部隊に在籍された著者の、サバイバル防衛術の実技と、
何よりも、日本各地で、地域別に起こりうる災害など、
被害の実態の予想を
かなり詳しく調べて、書いてくださっています。




怖い、怖い地震のお話でした[もうやだ~(悲しい顔)]


最後までお読みくださってありがとうございます。m(_ _)m





nice!(33)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。