So-net無料ブログ作成

地震のこと [ひねもす日記]

皆さま、こんばんは。

九州が大変なことになっています。
どれが余震で、
どれが本震なのか、わからないほどの揺れが続いています。

重ねて、被害に合われた方々に
ほんとうに、心から、お見舞いを申し上げます。


今日未明、
兵庫県でも震度3の地震があったそうですが、
寝ていたのでまったく気付きませんでした。

怖くて仕方がありません。

阪神淡路大震災のときの光景を思い出します。

ふと目覚めると、
あの地鳴り・・・
「なんだろう」と思うヒマもなく、
その後すぐに突き上げてきたズドーンという地震・・・

「おかあさん、こわいよー!」
という子どもに、
「じっとしとき!」
と言うのがやっとで、
その瞬間に、
「屋根が崩れ落ちたらどうしよう」
「二段ベッドの柵が子どもを守ってくれるだろうか?」
「子どもだから物の隙間にいてくれれば助かる」
「早く私がなんとかしなければ!」
そんなことを考えながら、
まだ乳飲み子だった末の子に覆いかぶさるようにしていました。
実際、動けなかった・・・

尋常ではない揺れに恐怖を感じて、テレビをつけました。
そして、夜が明けて、辺りが明るくなってくると、
テレビ画面に広がる壊滅した神戸の街並み・・・
竜巻のような火事の炎・・・

誰か、誰か、止めて!!
海の水を運べないの?!
みんな思っていました。

古いアパートに住む学生さんたちも
たくさん犠牲になりました。

スキー合宿に出掛ける息子のために、
いつもより早起きしてお弁当を作っていた友人は、
ガスを止めるのがやっとで、
振り返ると、
自分が寝ていたベッドに、
飾り棚のガラスが無数に突き立っていたらしい。

従姉の家では、
寝ている赤ちゃんの頭のすぐ横に
大きなテレビがずり落ちてきたと聞きました。

知人の家では、
リビングのグランドピアノがサッシを突き破って庭に飛び出した、と・・・。

観音開きの戸棚は、扉が開いてしまうので、
食器類が全滅・・・
(食器棚は引き戸がいいです)

1階が潰れたマンション。
途中の階がひしゃげた建物。
飛び散ったれんが。
山のようなコンクリートの破片。
陥没したアスファルト。
ひび割れた道路。

「なんで、なんでこんなひどいこと・・・」
泣きながらボランティアに通いました・・・

あぁ、もう、
いろんなことを思い出してしまう・・・

今も、ルミナリエに行くと涙が止まりません。



東日本大震災のときは、
出張で東京にいました。
本社で会議中でした。

机の下にもぐろうとしても、
机やいすが流れるように滑っていくので、
あたまを抱えるだけでした。

高層階から階段を使って避難する途中で、
壁がバラバラと落ちてきました。
悲鳴があちこちで上がりました。

外に出ると、
高層ビルがゆ~らゆ~らと揺れていました。
「倒れてくるんじゃないか」と、
ほんとうに恐ろしかった・・・!

その間に、東北の人たちは、津波に襲われていたのです。

スマホで、必死になって、
自分が置かれた状況の情報を収集していました。

翌日は息子たちのセンター試験だったというのに、
新幹線も飛行機も止まってしまい、
とても心配をかけ、
私は神戸の震災を思い出して恐怖のどん底に・・・
そして、帰宅難民になりました。

会社がやっと手配してくれたホテルに
同僚と相部屋で止まることができましたが、
いつまでもおさまらない揺れに、
ひざを痛め、
船酔いをしたように吐き気が止まりませんでした。



九州の地震、
波及する恐れがあるということです。

非常持ち出し品のチェックをしました。
持ち出せたら・・・の話ですが・・・。

どうか皆さま、
いざというときの用意をなさっておいてくださいますように。

そして、九州の被害が、
これ以上、出ませんように。

大地が、おとなしく落ち着いてくれますように、
心より祈ってやみません。
御祈祷でもなんでもしたい気持ちです。


ごめんなさい。
暗い記事で。

でも、きっと日本中の人々が
祈るような思いでテレビの画面を見つめておられるかと思います。



最後はせめて、庭と街角の花々を・・・


1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

街角で
8.jpg
(私の好きな桜の木)

この可愛い花はなんていう花なんでしょう・・・?
9.jpg


最後まで お付き合いくださってありがとうございます。m(_ _)m

nice!(45)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。