So-net無料ブログ作成

おやゆび姫の妄想ヽ(=´▽`=)ノ [ひねもす日記]

皆さま、こんばんは。

今日は、おやゆび姫の妄想のお話です(笑)




可憐に咲く花をながめていたら、

ふと、

おやゆび姫というお話を思い出しました。



小さな小さなお姫さまの冒険のお話で、

お姫さまは、葉っぱのボートで流されたり、

もぐらに捕まって、

もぐらのお嫁さんにされそうになったりします。


そして、最後は言わずと知れた、

ステキな王子さまとハッピーエンド[るんるん]

そんな楽しいお話でした。


もし、幼いころの私がおやゆび姫だったら・・・

調子に乗って、

冒険に 冒険を重ね、

バッタなんぞを手なずけて、

馬の代わりにして跳ね回る・・・

亀にまたがり竜宮へ・・・


いえいえ、これは違うお話。


例え、王子さまと出逢っても、

「ふたりで冒険を続けましょう!」 と、

まっくろクロに日に焼けて、

飛び回るのじゃないかしら?(笑)


凍える冬は、

もぐらの穴ぐら 乗っ取って、

リス達と毎日 くるみを割りながら

おしゃべりを楽しみ・・・


いえいえ、

それとも、最初から、

冒険なんぞに出なくって、

花びらの上に寝そべって、

日長 本を読んでいるかもしれません。


でも、きっと、

そのうち 私のことだから、

ちょうちょにでもなりたいと、

飛ぶ練習なんか始めちゃって、

花びらの上から落っこちるに違いないわ(笑)


なんで、

おやゆび姫なんて思い出したんだろう・・・

と考えてみると、

花をながめて

そのすべらかな花びらのひとつひとつが

あまりにも美しく

その上に座ったり、寝そべったり、

頬ずりしたくなったから・・・


小人になればできるのに・・・[るんるん]


そう思ったら、

いきなり、おやゆび姫を思い出したのでした。


私の心の片隅の

なめらかな花びらの陰にかくれた、アンデルセンの童話のお話。

昔 読んだお話の記憶。

キラッと光って舞い降りてきたオバチャンの妄想でした。

失礼・・・ ( ´艸`)


私の好きな写真、 今日の1枚です

IMG_5464.jpg

助け合うことに関して、子ども達の方が素直かもしれませんね。

Each for All , All for Each



最後までお付き合いくださって、ありがとうございます m(_ _)m

nice!(41)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。