So-net無料ブログ作成

花に教えられたこと [古ひつじの詩(川柳・狂歌・詩・散文など)]

618.JPG

なんて あざやかに咲くのだろう
目の奥で
網膜がハウリングをおこしそうだ

ショッキングマゼンタ色の花が
あたりを憚らずに咲いている

628.JPG

「言いたいことを言わぬのは
自分をあざむくことである」 と
職場の名言カレンダーに書いてある

月末が来るたびに
私に喰いついてくる言葉だ


自分をあざむき続けると
自分で自分を見失う
嘘が嘘でなくなって
自分の中で迷子になる

そのうち、
ほんとうは何が嫌で
どうしたいのか
何がしたいのか分からなくなる

それがバチというものかもしれない

そう痛感した時期が過去にあった

629.JPG

自分なりの花を咲かせるということに
懸命であれば
あたりがハウリングを起こすような人生を
歩むのかもしれない

630.JPG

結果の及ぼす影響や
わが身を取り巻く反応など
おかまいなしに花は咲く

種を保存するために
花は
ただ咲くしかないから

だからこそ
花は美しく
人の心をうつものなのかもしれない

631.JPG

ひとりひとりのOnly One を求めるなら
ひとりひとりの可能性と
ひとりひとりが咲かせる花を
信じるしかないだろ?

謙虚さとは否定することではない


咲いたって
すぐに刈られる花もある
除草剤をかけられても
草刈り機で刈られても
花は花
ただ懸命に咲く
それが花


目の前のことに
黙々と取り組んで
己に対峙し
真摯に生きていく

それしかないよね

そこから逃げちゃだめだ
都合のいい解釈に身を委ねて
ゆるく甘く生きてっちゃだめだ

誰に格好つけるんだ
誰のための人生なんだ

うそにまみれた人生を送りたくない人は
逃げまわってちゃいけないんじゃないか?

691.JPG

夜・・・
花は眠る
誰にも言われなくても
日暮れとともに花は眠る

そして
朝日でまた花開く
毎日 それをくり返し
しなびて枯れて朽ちていく


花に諭された人生
あらためて姿勢を正し
真摯に向き合わねば・・・
そう
今からでも・・・

(最近、ちょっと自分に甘くなってたかもしれません)




最後までお読みくださってありがとうございます[るんるん] m(_ _)m

タグ:
nice!(41)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。