So-net無料ブログ作成

泣いた赤鬼~浜田廣介著 [読書感想文 A^ ^;)]

皆さま、こんばんは[わーい(嬉しい顔)]

先日、すっかり忘れていたのに、
ふっと、
「泣いた赤鬼」 の話を思い出しました[ひらめき]


何を隠そう、
初めて泣いた本なのです[るんるん]
小学校1年生のときでした。


泣けて泣けて、
辛くてたまりませんでした。

両親がびっくりするほど、泣きました[もうやだ~(悲しい顔)]


あらすじは・・・

あるところに赤鬼さんが住んでいました。
赤鬼さんは、人間と友達になりたいと思っていましたが、
誰も怖くて寄り付きません。

赤鬼さんは、家の前に立て札を立てました。
「心のやさしい鬼のうちです。どなたでもおいでください。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます」
それでも誰も来ませんでした。

そこへ、友人の青鬼さんがやってきます。

青鬼さんは、赤鬼のためにアイデアを出します[ひらめき]

それは、
人間の村で青鬼さんが暴れる。
赤鬼さんが人間を助ける。
そうしたら、村人たちは赤鬼さんを信じてくれるだろうというものでした。

赤鬼さんは気が進みませんでしたが、
青鬼さんに押し切られて
計画を実行します。

計画は大成功[ぴかぴか(新しい)]

赤鬼さんは村人たちと楽しい日々を過ごします[るんるん]

あの計画以来、
青鬼さんが遊びに来ないことが気になり、
赤鬼さんは青鬼さんの家に行ってみました。

すると、戸口にこんな張り紙が・・・

「赤鬼くん、人間たちと仲良くして、楽しく暮らしてください。
もし、ぼくが、このまま君と付き合っていると、君も悪い鬼だと思われるかもしれません。
それで、ぼくは、旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません。
さようなら、体を大事にしてください。
ぼくはどこまでも君の友達です」

赤鬼さんは、いつまでも泣き続けました、とさ。

というお話です。




なんで、あんなに泣いたんだろう。
友を思う青鬼さんの気持ちが切なくて・・・
また友を思う赤鬼さんの気持ちが切なくて・・・

初めて泣いたお話です。

まだ、あのときの胸のうずきは憶えています[もうやだ~(悲しい顔)]



いきなり、昔のふるぅ~いコトを思い出すことって、ありますよね[ダッシュ(走り出すさま)]
どうしてなんだろー[たらーっ(汗)]



最後までおつき合いくださってありがとうございます[るんるん] m(_ _)m


ないた赤おに (大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本)

ないた赤おに (大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本)

  • 作者: 浜田 広介
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 大型本



泣いた赤おに (日本の童話名作選)

泣いた赤おに (日本の童話名作選)

  • 作者: 浜田 広介
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1992/12
  • メディア: 大型本



ないたあかおに (ワンダーおはなし絵本)

ないたあかおに (ワンダーおはなし絵本)

  • 作者: 浜田 広介
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2003/01/01
  • メディア: 大型本



nice!(55)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。