So-net無料ブログ作成
古ひつじの詩(川柳・狂歌・詩・散文など) ブログトップ
前の1件 | 次の1件

まりりんの祇園精舎 [古ひつじの詩(川柳・狂歌・詩・散文など)]

皆さま、こんばんは[わーい(嬉しい顔)]

今日は古ひつじの詩、デス[ひらめき]

祇園精舎、
まりりんバージョンでお送りしたいと思います[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]



祇園精舎の鐘の声、

諸行無常の響きあり。

沙羅双樹の花の色、

盛者必衰の理をあらはす。



ガミガミと噛みつく人だとて、

一生、そこにいることはない。


嫌なつき合い余儀なくされても、

一生、続くわけじゃない。


周囲の人は流動的。

時が経てば、

立場も変わるし、

肩書きも変わる。

そして、人は入れ替わる。


年齢だって変わってく。

一生、変わらぬわけじゃない。


自分自身の考え方ですら、

経験とともに

少しずつ変わっていく。


奢れる者は、奢りに気づかず、

他人の不快を

その身の内に溜めるものなのかもしれない。


何人も

どんなエピローグを迎えるかなんて分からない。


いったい、何が幸せか?


栄華を誇り、

そのまま逝く人もある。

身勝手で、

人に疎まれ、

孤独に暮らす人もいる。

でも、

その孤独に気づかぬなら

それはそれで幸せなのかもしれない。



人の人生なんて分からない。



どう生まれて、

どう育って、

どういう大人になって、

どう老いて、

どうこの世を去っていくのか、

誰も、誰も、分からない。



10年経てば、何もかもが変わる。



自分の人生すら予測不能なのだから、

他人さまの人生なんて、

なおさらのこと・・・。

家族だって、親友だって、

何も分からない。

それが真実。



20年経てば、世の中のすべてが変わっている。



身勝手な人はそれなりに、

意地悪な人もそれなりに、

浅はかな人もそれなりに、

勝気な人もそれなりに、

老いていく自由を認めてあげればいい。



(周囲は迷惑かもしれませんケド[あせあせ(飛び散る汗)]



希薄な人生、

それもまた良し。

濃い人生だって、それもまた良し。



それを選ぶのは自分。

自分の世間を作るのも自分自身。

だからこその自分の人生。



外野でうわさする人など、

うつろう陽炎

夢、幻のごとくなり。



責任もってうわさする人など

ひとりもいやしない。


なら、放っておけばいい。

構わないでいい。



我が人生の責任は

ただ、自分にあるのみで、

そこからは逃げちゃいけない。



毎日していることの積み重ねが

すなわち

その人の生命の軌跡となる。

人生となる。



どういうわけか、

この世に生まれ出でた魂の炎、

どう燃やすかは自分次第。


生を受ける者として

命を授かったものとして

精一杯、生きるしか選択肢はないだろう。



人それぞれに花の色。

人それぞれに魂の燃ゆる。


そうやって人々は、今までも生きてきた。

これからも人は、同じように生きていく。

そうして、命を紡いでいく。


さまざまなる人生。

岐路はいずこ・・・


さまざまなる人生。

何を良しとするか?


ONE OF THEM

どんな人生 送ったって

どこかに消える幻の塵



それでも、懸命に生きる

だからこそ、真摯に向き合う。



そして、50年も経てば、

私なんて跡形もない。


花が舞い、

鳥は鳴き、

月はおぼろに、

木々の間を 風が吹き抜けていく。




おごれる人も久しからず、

ただ春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、

ひとへに風の前の塵に同じ。








最後までお読みくださってありがとうございます[るんるん] m(_ _)m



nice!(51)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | 次の1件 古ひつじの詩(川柳・狂歌・詩・散文など) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。